ちぇ                      
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
鉄板競馬 3連単転生編 (競馬王新書29)
鉄板競馬 3連単転生編 (競馬王新書29) (JUGEMレビュー »)
グラサン師匠
現在一番新しい教科書が本書です。億を目指す男たちの漫画や不肖柏手の競馬だいたい暦が綴じ込み付録でついてるよ。
RECOMMEND
鉄板競馬 競馬歴30年以上、馬券名人たちの鉄板録・ぶっ込み道 (競馬王新書17)
鉄板競馬 競馬歴30年以上、馬券名人たちの鉄板録・ぶっ込み道 (競馬王新書17) (JUGEMレビュー »)
グラサン師匠
教科書第1弾。競馬歴30年以上の方々に聞いたとっておきの必勝法と巻末にとっておきの根多が掲載されてる記念すべき本だよ。
RECOMMEND
ネタの一/京都・阪神の最終は秋山
正式には京都・阪神の最終は秋山のワイド。 グラサン師匠が18万馬券をとったネタ。
ネタの二/芝1200・角田の内マクリ・外マクリ
角田騎手は芝1200の内枠と外枠で穴をあける。それっぽい馬で穴をあける。 函館SSのアグネスラズベリは2番、北九州記念のキョウワロアリングは15番。柏手がキョウワで的中させたネタ。
ネタの三/シモゲンリはダート先行で
シモゲンリ騎手はダートで先行しそうな馬で穴をあける。 まだオシシイ思いはできてないネタ。
タイムカプセル
カテゴリーのタイトル「タイムカプセル」は 来年のボキにおくるメッセージ。
MOBILE
qrcode
<< 天皇賞秋の材料・改訂 | main | 天皇賞の根多帳1 >>
昨日の侘寂コメント
かしわで


昨日のレース後コメントでなんといっても一番印象に残るのは、
ブラジルCをベルシャザールで勝った善さんのコメントでしょう。




「なんだ、この馬。すげえな。」

週刊競馬ブックでは
「いいね。ずっと楽に走っていました。最後まで余裕があったし、かなり能力がありそうです。この感じなら今後も楽しみですね」
とある。
こちらはお行儀いいver.。筆者がお行儀よく変換したか?
言うまでもなくスケール感は圧倒的に前記が上。

この馬はマツクニ馬でもあり、今後のコメントにも注目でございます。


菊花賞で面白かったのは小牧騎手。
「出遅れて、なかなか前に進んで行かなかった。肩ムチを入れたのは僕ぐらいじゃないかな?」日刊スポーツ

肩ムチを入れたけれど進んでくれなかったが一般的ですが、
上記のような「僕ぐらいじゃないかな?」な言い回しになると途端に小牧ワールドが広がります。
世界観があるコメント。菊花賞は滅茶苦茶ガッカリしたけれど、もともとリスク込みで買ったのでしょうがありません。

バテて下がるネコタイショウの影響を受けた名手のコメントは日刊スポーツでは、
「ノーコメント。」
というコメントだったようです。

週刊競馬ブックでは
「内々でいい感じにレースを進められましたが、今日は勝負どころでの不利がすべてですね。最後はまた盛り返してきただけに、余計に残念です」
とコメントしています。少し落ち着いてからのものでしょうか。

菊花賞で一番意外だったのはヤマイチパートナーの位置取りでした。
出遅れたわけではないけれど、後方競馬。
17−17−18−17 10着
これは読めなかった。不良馬場だし、スタミナ自慢に思えたのでてっきり先行すると思ってました。
コメントは「前走より体調は良かったですよ。最後までよく頑張ってくれていますし、もう少し前が止まってくれれば」
だから、狙って下げたようです。なかなか妄察が難しいです。


菊花賞参考コメントはこちらにもあります。




| - | 13:04 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 13:04 | - | - | pookmark |
コメント
ベルシャは体型・走法からもダートの方が良い感じ。
ヤツは結構いいとこいけるかもしれません。
クロフネの厩舎ですし。
善さん、よっぽど楽勝やったんかなー

ブラジルCは個人的にも良い思いができまして、
超久々発生の後藤×池江だったメテオロが激走。
半信半疑でしたが、やっぱこのネタは生きてる。
(きっと雨もよかったんでしょう)
買ってない単複と馬単以外全ての券種が的中しました。
特に3単がデカかったです

京都8Rとかブラジルの予想時間は5分くらい。
時間かけた菊花賞がハズレで、こーいうのはサクッと当たる。
競馬ってそういうもんですね…

雨の後藤は最終も「らしい」競馬で勝利。
頼もしい男が帰ってきました
| ラウンジャー | 2013/10/22 12:41 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://keibaoh.jugem.jp/trackback/6303
トラックバック