ちぇ                      
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
鉄板競馬 3連単転生編 (競馬王新書29)
鉄板競馬 3連単転生編 (競馬王新書29) (JUGEMレビュー »)
グラサン師匠
現在一番新しい教科書が本書です。億を目指す男たちの漫画や不肖柏手の競馬だいたい暦が綴じ込み付録でついてるよ。
RECOMMEND
鉄板競馬 競馬歴30年以上、馬券名人たちの鉄板録・ぶっ込み道 (競馬王新書17)
鉄板競馬 競馬歴30年以上、馬券名人たちの鉄板録・ぶっ込み道 (競馬王新書17) (JUGEMレビュー »)
グラサン師匠
教科書第1弾。競馬歴30年以上の方々に聞いたとっておきの必勝法と巻末にとっておきの根多が掲載されてる記念すべき本だよ。
RECOMMEND
ネタの一/京都・阪神の最終は秋山
正式には京都・阪神の最終は秋山のワイド。 グラサン師匠が18万馬券をとったネタ。
ネタの二/芝1200・角田の内マクリ・外マクリ
角田騎手は芝1200の内枠と外枠で穴をあける。それっぽい馬で穴をあける。 函館SSのアグネスラズベリは2番、北九州記念のキョウワロアリングは15番。柏手がキョウワで的中させたネタ。
ネタの三/シモゲンリはダート先行で
シモゲンリ騎手はダートで先行しそうな馬で穴をあける。 まだオシシイ思いはできてないネタ。
タイムカプセル
カテゴリーのタイトル「タイムカプセル」は 来年のボキにおくるメッセージ。
MOBILE
qrcode
<< スプリンターズSを前に | main | スプリンターズの穴の中身 >>
神戸新聞杯のコメント・イマジネーション
かしわで

エピファネイアについては下記スレでエルボーが書いてくれたとおりです。

「めちゃめちゃ嬉しいです。やっと乗りこなすことができました。牧場や厩舎スタッフが春の敗戦を踏まえて、最大限の努力をしている姿を見ているので、その思いに応えたいと思っていました。スタートはゆっくり出さずに普通に出して、その上で折り合いをつけようと考えていました。外目のいつでも動ける位置で、リラックスして走らせることができました。コミュニケーションもしっかりとれていました。勝ったことよりも、しっかり折り合えたことが嬉しいです。次はどのレースに向かうかわかりませんが、依頼を受けたらベストを尽くしたいです」

で、一応こんなコメントをつけました。
「いいコメントです。ときどきこぼれ落ちるときがあって、レース後コメントはやっぱり参考になる。
ずぶん的には2頭くらいペースメーカーがいたらいいレースができるんじゃないか? 
とか思ったりして。1頭じゃなくて、2頭。もちろん菊花賞で。」



それ以外でとどめておきたいコメントです。

3−3−3−2 で6着したナリタパイレーツ小牧騎手のコメント。
日刊スポーツ「一瞬来るかと思ったけどねぇ。展開はバッチリだったし、反応も良かった。是非、菊花賞に出走したい」
週刊競馬ブック「展開がバッチリだったね。掛かるところがなくてすごく乗りやすいし、反応もよかった。次の3000Mではハナを切らせてみたいね

神戸新聞杯出走馬に関するコメントで、一番前向きだったのが小牧騎手でした。
ある意味、福永騎手以上!
具体的作戦まで披露。っていうか、言わなくていいと思う。そこは(逃げ)隠すところだよ!でも6着に負けて、この前向きさ。小牧騎手の手応えが伝わってきます。

しかし本番でも逃げにこだわりたい陣営がもう1つ。

2−2−2−2 で17着に敗れたヒルノドンカルロの昆師のコメント。
日刊スポーツ「菊花賞に使うし、多少速くなっても行ってくれとジョッキーには言っていた。内、外が逆ならハナには行けていただろう。菊花賞ではハナに行かす

菊花賞を意識してのオーバーペース作戦だったもよう。実際惨敗したけど、なんだか競馬を熟知した海千山千調教師の布石狙いにも思える。もちろん「逃げの布石」。ふふ。面白いね。



5−5−5−4 で5着したタマモベストプレイ名手のコメント。
日刊スポーツ「競馬が上手。スタートもうまく出たね。及第点の内容はあるし、次が楽しみになった

名手は兄弟にも騎乗していたからか、春先は距離に対して、不安ありのコメントをしていた。
だからか、平坦→坂、18→20・24と距離が延びるにつれ、少しずつ位置をさげていった。
きさらぎ 京都芝18 2−2−2 1着
スプリング中山芝18 6−5−5 2着
皐月賞  中山芝20 10−11−8 5着
ダービー 東京芝24 11−10−10 8着

しかし今回の神戸新聞杯では5−5−5−4と攻めた。
坂と24のコースで先行策。
「次が楽しみになった」が菊花賞を指しているのかわからないけれど、
もし菊だとしたら、春よりもむしろ前向きさが出たように思える。
名手はフジキセキ×ノーザンテーストに何を感じたのか?


最後に前走小倉馬と前走函館馬の着順。

小倉組
ラストインパクト 7着
プランスペスカ  13着
ソロル      14着

函館組
ウインアルザス 12着
ヒルノドンカルロ 17着
ヤマイチパートナー 10着
カッパドキア 15着

函館の方がよくないけれど、小倉だって威張れたもんでもない。
どっちもどっちかな?

2着 前走中京
3着 前走新潟
4着 休み明けダービー14着(0.8差)
5着 休み明けダービー8着(0.4差)







 
| コメント | 11:40 | comments(3) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 11:40 | - | - | pookmark |
コメント
小牧騎手のナリタパイレーツに対しての評価は、皐月賞前から菊花賞でこそのようなコメントを netkeiba.comのコラムで話されてました。
その時から期待していたものが現実味を帯びてきたんでしょうね。

期待が確信に変わった。
そう自分はとらえてます。
楽しみです。
| のーむー | 2013/09/23 2:17 PM |
自分もnetkeiba.comの小牧コーナーは大好きだ。
ときどき、むき出し気味の発言に拍手を贈りたくなる。

新潟2歳のピークトラムも、ツルマルレオンも小牧コメントを参考にして重きをおいたくらい。

小牧騎手のコメントを追うだけで、菊花賞が楽しくなりそうだ。
どこに着地しようがね。

| かしわで | 2013/09/23 3:09 PM |
福永はダービー後に初めて体幹&筋トレを本気でやったみたいです。
確かコーシローも復帰後始めたと言ってた。
つーか、アレだけバランスが大事な競技なのに、
みんなやってないのか?

福永はレース回顧で
「今回下手に乗ったらジョッキー辞めないといけないと思ってた」とコメント。
ちと大袈裟ですが、体も心も追い込んでたみたい。
相当充実感があったようなので、
これでさらにレベル上げてほしいですね。

あと、レース後のジョッキーフェスティバルで暴露されてましたが、
中井君はレース後、藤田に怒られたそうです。
(まるで短距離みたいな逃げ方でした…)
実際の彼はややチャラ男でサービス精神旺盛。
名手っぽい匂いがしました
| ラウンジャー | 2013/09/24 1:18 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://keibaoh.jugem.jp/trackback/6179
トラックバック