ちぇ                      
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
鉄板競馬 3連単転生編 (競馬王新書29)
鉄板競馬 3連単転生編 (競馬王新書29) (JUGEMレビュー »)
グラサン師匠
現在一番新しい教科書が本書です。億を目指す男たちの漫画や不肖柏手の競馬だいたい暦が綴じ込み付録でついてるよ。
RECOMMEND
鉄板競馬 競馬歴30年以上、馬券名人たちの鉄板録・ぶっ込み道 (競馬王新書17)
鉄板競馬 競馬歴30年以上、馬券名人たちの鉄板録・ぶっ込み道 (競馬王新書17) (JUGEMレビュー »)
グラサン師匠
教科書第1弾。競馬歴30年以上の方々に聞いたとっておきの必勝法と巻末にとっておきの根多が掲載されてる記念すべき本だよ。
RECOMMEND
ネタの一/京都・阪神の最終は秋山
正式には京都・阪神の最終は秋山のワイド。 グラサン師匠が18万馬券をとったネタ。
ネタの二/芝1200・角田の内マクリ・外マクリ
角田騎手は芝1200の内枠と外枠で穴をあける。それっぽい馬で穴をあける。 函館SSのアグネスラズベリは2番、北九州記念のキョウワロアリングは15番。柏手がキョウワで的中させたネタ。
ネタの三/シモゲンリはダート先行で
シモゲンリ騎手はダートで先行しそうな馬で穴をあける。 まだオシシイ思いはできてないネタ。
タイムカプセル
カテゴリーのタイトル「タイムカプセル」は 来年のボキにおくるメッセージ。
MOBILE
qrcode
<< へび! | main | きのうの競馬 >>
きのうのベリー
かしわで


ベリーさんのカプセルです。

ベリーさんに興味のある方はまずは過去をさらってから読んでもらえるとわかりやすいかも。
ここからどうぞ。


では改めて。

土曜日 0−1−0−4
日曜日 2−2−2−3

合計  2−3−2−7

芝 0−3−2−2
砂 2−0−0−5



複勝圏内率5割。ベリーさんらしい成績です。
正直、今回はチャンスホースであることがわかりやすすぎた。
それが今までとは違うところ。

圏内に入った馬の人気は
4人気 3人気 1人気 1人気 3人気 2人気 2人気

これは一昨年までのベリーさんじゃない!(去年は来日なし)

騎乗依頼する側も馬券を買う側ももっとベリーさんを信用しないように!
なんつってみたりして。



土曜日 中山1/5
1Rダ12 マイネルルフレ 15人気 13着 畠山重

9Rダ12 ウィルパワー 9人気 13着 手塚

10R 芝16 コトブキゴールド 9人気 6着 金成
「よく走ってくれてますがペースが遅くなって位置取りが悪くなってしまいました。最後はよく伸びているし、1600もこなしてくれましたが、ベストは1400かもしれません」
→つまり東京1400で。

11R 芝20 アドマイヤタイシ 4人気 2着 橋田
「よく走ってくれたし、何も文句をいうことのない内容だったと思います。ただ、最後自分でブレーキをかけて止まるようなところがありました。気合をつけたらまた伸びてくれたんですが、差し切られてしまったのはそのせいでしょう」
→こういう馬を次、頑張らせるのが上手いのがベリーさん(過去参照)

12R芝16 メスナー 11人気 12着 畠山重


日曜日 中山 1/6
中山1 ダ12 2マイネルルークス 3人気 1着 清水英
社台F生産で岡田系。 
「スピードに乗らなかったので、押していきながら、いいポジションを取りにいった。砂を被ったらどうしていいのかわからなくなってしまったようだが、4角で外へ出したらしっかりと脚を使ってくれた。距離は1400〜1600くらいがいいようだね」
→赤字のような表現が楽しい。こちらも東京でもよさげ。

中山2 ダ18 11ヒカルハピネス 3人気 10着 栗田博

中山3 ダ18 12セブンフォース 1人気 1着 高野
ノーザンF 個人
「道中ハミをとったり、取らなかったりと若さを見せていた。まだ子供っぽいところがありますね。ゴール板を見たり、物見するところもありました。大型馬なので反応も速くないのですが、ハートがいい馬だし、距離はもう少しあっても大丈夫でしょう。」
→大型馬・540キロ

中山5 芝16 11サーストンニュース 1人気 2着 戸田
社台F 
「スタートダッシュがつかなかったし、そこからかかり気味になってしまったね。少し難しいところはあったが、実力のあるということはたしかだね」

中山6 芝20 3フォーナインキング 3人気 3着 田村
「スタートが遅かったし、全体に子供っぽいところが残ってますね。柵や他馬が来た来たことに躊躇してました。それに大きな馬で、十分にスペースがないと入っていけない感じでした。最後の200Mで前が開いてようやくスッーっと伸びてくれましたから。でも次も同じ2000Mくらいに使えばいいところがあるでしょう。」
→大きな馬・474 他馬を怖がるのかも。次もベリーさんなら修正して騎乗してくる!?

中山7 ダ18 12サトノオーランド 5人気 16着 国枝
「道中の感じはよかったが、初めてつけたブリンカーの影響か、3〜4角で両サイドから交わされると気を使って下がってしまった」

中山9 芝20 5ハッピーモーメント 2人気 3着 角居
ノーザンF 
「馬場入りのときに物見をしていたし、いろいろなところに気を使って他馬に抜かれるときもビクビクしていました。まともに走ったのは最後の200Mくらい。素質は高いのですが、経験が必要ですね」

中山10 芝18 2フルアクセル  2人気 2着 堀
社台F 
「スタートは出なくて遅かったし、道中はかかってコントロールが利かなかった。直線は反応がよかったけど前が開かなかったからね。もっと早くに開いていれば違ったと思います」
→東京で狙いたい

中山11 ダ12 6デュアルスウォード 7人気 5着 手塚
ノーザンF 
「スタートは良かったんですが、最後の直線でよられる不利がありました。もう少し待って、内を差せば良かったです。僕の判断ミスですね。そうすればもう少し際どかったと思います。東京でも走れると思うし、今日は休み明けだったので、また次に期待したいです」
→くやしそうだ。



ちなみにマクドノーさんは
0−1−1−10

芝 0−0−0−4
砂 0^1−1−6

土曜日中山
ダ18 3人気 2着 小島茂
ダ18 10人気 15着 上原
ダ18 11人気 15着 土田
ダ12 8人気 15着 橋田
芝16 5人気 10着 藤原英
芝16 6人気 4着 勢司

日曜中山
ダ12 7人気 14着 鈴木伸
ダ18 14人気 13着 岩戸
ダ18 2人気 3着 加藤征 (逃げ)
芝16 11人気 13着 尾関
芝20 7人気 4着 田中剛
ダ12 12人気 6着 矢作

チャンスホースに騎乗できてない。
掴めてきたらもうちょっと頑張れそうな雰囲気あり。
オドノヒューさんよりはマッチするかも。


最後にビュイックさん。

2−0−0−12

名手っぽい着順比率。
4着が2回あって、慣れてきたらもっと勝ち負けしてきそう。

昨日の最終レースのコメント
京都12R 芝14 3人気 1着
3、4番手につけようと思って乗ると5、6番手ぐらいになるので、前半はハナに行くぐらいのつもりで乗った。いい位置で折り合いがついたのが一番だろうね。ソラを使うので、最後はかなり追うことになったが、イージーに勝つことができた。乗りやすくていい馬だよ」

位置は2−2−2 1着

日本の競馬を掴みかけているようなコメントです。


ルメールは
3−2−0−8 貫禄の名手系比率です。



 
| べりーさん | 19:13 | comments(3) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 19:13 | - | - | pookmark |
コメント
開幕週は今年もワケわかりませんでした。

どれが先行するかゲート開くまでわかりにくい。
そこを読めないと京都芝は当たる気がしません。
上手くいったのは土曜5Rくらいで、あとはサッパリでした。

芝が不明だったんでダートで勝負したんですが、
中山1200の初日の出、ジャニュアリーとも軸馬が3・4着。
なんともドランキー。
この2つくらい当てさせてほしかった…

ベリーさんは、昨年より流れに乗ってる気がします。
フルアクセルの捌き方はシュウにはできません。
持続レースにも対応できるし、今週も期待ですね。
ビュイックはまだ手探りかな。
今頃ルメに聞いてるんじゃないですか?
| ラウンジャー | 2013/01/07 11:03 PM |
かしわで

ビュイックは日曜京都最終で何かを掴んだ!
と思いたいね。

| かしわで | 2013/01/08 4:30 PM |
ビュイック君は若いんで、吸収力もあるはず。
ルメから色々パクってほしいです。

京都12Rはスッと行きましたね。
行ったモン勝ち馬場だったけど、
あれで何か変るかも?今週も注目でしょう

行ったモン勝ちといえば、
Eトップは内伸びの馬場で重賞2勝。
シンザン記念は1400の競馬だったんで、
底力が問われるマイルでどうか。
NHKマイルでは嫌いたいタイプですが!?

日曜京都の栄進軍団はやりすぎの出来すぎでしたね〜

| ラウンジャー | 2013/01/08 11:13 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://keibaoh.jugem.jp/trackback/5207
トラックバック