ちぇ                      
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
鉄板競馬 3連単転生編 (競馬王新書29)
鉄板競馬 3連単転生編 (競馬王新書29) (JUGEMレビュー »)
グラサン師匠
現在一番新しい教科書が本書です。億を目指す男たちの漫画や不肖柏手の競馬だいたい暦が綴じ込み付録でついてるよ。
RECOMMEND
鉄板競馬 競馬歴30年以上、馬券名人たちの鉄板録・ぶっ込み道 (競馬王新書17)
鉄板競馬 競馬歴30年以上、馬券名人たちの鉄板録・ぶっ込み道 (競馬王新書17) (JUGEMレビュー »)
グラサン師匠
教科書第1弾。競馬歴30年以上の方々に聞いたとっておきの必勝法と巻末にとっておきの根多が掲載されてる記念すべき本だよ。
RECOMMEND
ネタの一/京都・阪神の最終は秋山
正式には京都・阪神の最終は秋山のワイド。 グラサン師匠が18万馬券をとったネタ。
ネタの二/芝1200・角田の内マクリ・外マクリ
角田騎手は芝1200の内枠と外枠で穴をあける。それっぽい馬で穴をあける。 函館SSのアグネスラズベリは2番、北九州記念のキョウワロアリングは15番。柏手がキョウワで的中させたネタ。
ネタの三/シモゲンリはダート先行で
シモゲンリ騎手はダートで先行しそうな馬で穴をあける。 まだオシシイ思いはできてないネタ。
タイムカプセル
カテゴリーのタイトル「タイムカプセル」は 来年のボキにおくるメッセージ。
MOBILE
qrcode
<< い・わ・た・かぁ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 | main | あしたのたね1 >>
あしたの岩田康誠とクラレント
かしわで

明日の岩田康誠は東京参戦。

騎乗馬は8鞍。

自分は週中、富士Sのクラレント岩田騎乗について途中まで触れた。

すぐつづきを書こうかと思っていたけど、やめた。
土曜日、岩田騎手が他にどんな馬に騎乗するのか確かめておきたかったのと、
もしこの乗り替わりのいきさつがわかるならば下調べしてみようと思ったから。

しかし事情通への取材は失敗した。
だからそこは妄察のまま。

でも今は妄察でよかったとも思っている。なぜならけしからん妄察ができるからだ。
知ってたら自由に飛べなくなる。
(けしからん夢ではありません。けしからん妄察です)

明日の岩田騎手騎乗馬に「社台系」の馬への騎乗は1頭もなし!
(ここは強調材料。たまにある。外国人騎手でよくある。名手解放デーが。それに近いような近くないような。)

強いてあげるならば栗東の藤原英厩舎の馬に2頭。ここが強めか。
どちらもそれなりに強い馬ではある。
ただしどちらも休み明け。
この2頭が東京へ行くから、岩田が東京へ行くと思うには少し弱い気がする。

やっぱりこれはクラレントに騎乗することが優先だったとは言えまいか?

ラウンジャーはコメント欄で「たまたま空いてるから岩田」ではないかと妄察してた。
実際登録上は出走ギリギリ不可能の19位だった。
しかし、それより順位の下の22位のゴールスキーに内田博となっていたのが気になった。

関係者はだいたいわかってます。登録前から、出れそうか出れなさそうか。
登録段階で出れそうにないと思えば、名手クラスには基本依頼はしない。
(名手が騎乗しつづけてる馬は別)

おそらく今回は22位の馬でも出走可能とわかっていた。登録だけしてやめる馬が多いことがわかっていた。それゆえの内田博への依頼ではないか?
内田博は20位のスピリタスにも騎乗しようと思えば騎乗できた。しかし22位のゴールスキー。

つまりクラレントも出走できることはわかっていたということになる。
小牧騎手と橋口厩舎の強い結びつきを今さら説明する必要はないでしょう。
しかもこの馬はノースヒルズの馬で、
2歳の頃はこの馬でダービーを目指すと橋口師が力を入れてたのがクラレント。
ダービーはダメだったけど、それくらい橋口師が期待していた馬であり、
同時に非社台の雄ノースヒルズも期待していた馬とも言える。

そんなことは小牧騎手もわかっているはず。
デビュー以来ずっと騎乗してることはそれを物語っている。
東京スポーツ杯で放馬したときに乗り替わりを求められてもおかしくはなかった。
しかし小牧太・橋口タッグで春も頑張った。

だからこそこの乗り替わりが気になってしょうがない。どう考えてもクラレントを小牧が断るとは思えない。
で,思う。これはオーナーサイドの強い希望ではないか?

だからラウンジャーの妄察は正しい。
ある意味正しい。
こういう繊細な乗り替わりには旨い理由があったほうがいい。

「出れるかギリギリだから今回はたまたま東京にいる岩田騎手に乗ってもらうことになった」

同じ立場ならば自分もそう言いたい。


で、自分はけしからん妄察をした。

オーナーサイドの希望のベストリクエストって何だろう?

「富士Sとマイルチャンピオンのセットで岩田騎手に頼めないか?」

「他に社台系の馬で騎乗予定馬がいるだろうけど、だったら富士Sで1回騎乗してみてくれまいか? その感触でマイルチャンピオンを決めてもらっても構わないから…」

こんな妄察。

岩田騎手のマイルチャンピオン騎乗予定馬ってなんだろう?
リアルインパクトか?
リアルインパクトならばうっちゃれる気もする!(あくまでも妄察です)

ロンダスが言うように自分はNHKマイルカップの的中でもわかるように
基本クラレントが好き。それは認める。
しかしそれゆえにできてしまう。
岩田には2戦依頼したいのではないか? そういう思考ができてしまう。

みなさん、よく思い出してください。

岩田騎手の最近の傾向を。

1回目の騎乗では試し、2回目の本番で結果を出す。

ジェンティルドンナ チューリップ4着→桜花賞1着
ロードカナロア セントウル2着→スプリンターズ1着

勝たないまでも、

トーセンジョーダン 産経大阪杯3着→天皇賞春2着
トーセンラー 鳴尾記念3着→七夕賞2着


大事にしたいことはクラレントがノースヒルズの馬であること。
社台ではない。
ロードカナロアも社台の馬ではなかった。
社台の馬でないところが時(とき)の名手系に騎乗を依頼するときは、
基本的には力がみなぎってるとき。
自信がないと頼めない。今後の信頼関係にもヒビが入る。

橋口厩舎と岩田騎手のコンビは
この1年で2回のみ。
2人気 3着 ソードブレイカー(ノーザンF)
2人気 6着 レッドシェリフ(社台F)
どっちも社台系。
社台主導の依頼だったかもしれない。

基本的には橋口厩舎と岩田騎手は園田の先輩・小牧騎手に遠慮してか疎遠の関係にも思える。
だからこそ余計に気になる。
めったにないから気になる。社台ならばわかる。おつきあいでわかる。
しかし非社台のノースヒルズ。


本当はここは3着か4着でいい。
だから「見る」だけでいい。

見て、次、マイルチャンピオンに騎乗してきたら、それこそ負けはしたものの、
光る何かを感じたからなわけで、それこそ激激のアツさとも言える。

しかし、今のクラレントにその余裕はない。
勝ち負けしないと、
マイルチャンピオンに出走できない。ほぼできない。

つまり、
「富士S・マイルチャンピオンの2戦で騎乗依頼したい」
けれど、
「それがダメならまずは富士Sで騎乗して、次を決めて欲しい。」
っていうか、
「マイルチャンピオンに出したい。次はなくてもいいから、2着以内に持ってきて!」
「おねがい!」

もちろん、
「出れるかわからなかったから、たまたま東京にいた岩田騎手に頼んだ」
を否定するものではありません。
と同時に、
「オーナーに納得してもらうために今回は岩田騎手にした。岩田騎手でダメならオーナーも納得するはずだし」
これも否定しません。



富士S

マイルチャンピオンのクラレントの鞍上に岩田がいることを描きながらの、
クラレントの単複。



もう一本なら、まったく同じような理由で、

ゴールスキーの単複。

クラレントよりも順位が下で、このままだとマイルチャンピオン出走はもっと無理な、
ゴールスキー(社台F系)に、
クラレントよりも順位が下なのに、スピリタス(ノーザンF系)よりも順位が下なのに、
内田博を確保していたのがあつい!


ほぼこの2本。

馬単3歳ボックス 6 7 10 18

馬単ニアボックス 8 9








| 予想 | 16:29 | comments(3) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 16:29 | - | - | pookmark |
コメント
この考えには、なるほどなっとく。関心、共感。


クラレントががぜん熱くなってまいりました!
| 世界的配合剤 | 2012/10/19 8:55 PM |
すんげー長い!そしてすんげー濃い!
クラレントでここまで妄察できる記者連中はいないでしょう。

確かに仮登録馬って多いし、
関係者は相互に「ホントに出るの?」とか確かめてるでしょうね。
「あそこはどうせ回避だから岩田のエージェントに電話せい!」
とかなんとか、あったかも。

そうかー、岩田はある意味勝負なのか。
岩田が遠征するのに重賞に騎乗馬ナシはおかしいし、
結構早くから決まってたのかも。

自分はトーホウプリンセスで勝ちに行ったと思ったんですが、
「岩田レベル」では少々モノ足りないか。
クラレントがメインの遠征なら釣り合いそう。
ただ、本気で勝負なら追い切り乗るんちゃうかな?
とかも思ったり…

でも、こういう妄察は面白いです。
何が正解とかより、予想段階でここまで高まる感じ。
高まった方が楽しいですからねー

岩田はマイルCSでリアルラビットになるのは嫌でしょう。
クラレントで出て勝負したいはず。
こりゃ、岩田の走りが楽しみだ。

そして、マイルCSのリアルに岩田以外が乗れば…
こりゃマジでリアルラビット確定!?

| ラウンジャー | 2012/10/19 11:48 PM |
クラレントは一時期
二番人気だったから びっくりしたけど
今は下がったなぁ。

スピリタスは上がってる。

富士Sのオッズは 目まぐるしく変動しそう。

スピリタス
ミキノバンジョー
スマイルジャック
クラレント
外か…


ほんとはフラガラッハに勝ってほしいんだけど…
| ロンダス | 2012/10/20 2:01 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://keibaoh.jugem.jp/trackback/4876
トラックバック