ちぇ                      
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
鉄板競馬 3連単転生編 (競馬王新書29)
鉄板競馬 3連単転生編 (競馬王新書29) (JUGEMレビュー »)
グラサン師匠
現在一番新しい教科書が本書です。億を目指す男たちの漫画や不肖柏手の競馬だいたい暦が綴じ込み付録でついてるよ。
RECOMMEND
鉄板競馬 競馬歴30年以上、馬券名人たちの鉄板録・ぶっ込み道 (競馬王新書17)
鉄板競馬 競馬歴30年以上、馬券名人たちの鉄板録・ぶっ込み道 (競馬王新書17) (JUGEMレビュー »)
グラサン師匠
教科書第1弾。競馬歴30年以上の方々に聞いたとっておきの必勝法と巻末にとっておきの根多が掲載されてる記念すべき本だよ。
RECOMMEND
ネタの一/京都・阪神の最終は秋山
正式には京都・阪神の最終は秋山のワイド。 グラサン師匠が18万馬券をとったネタ。
ネタの二/芝1200・角田の内マクリ・外マクリ
角田騎手は芝1200の内枠と外枠で穴をあける。それっぽい馬で穴をあける。 函館SSのアグネスラズベリは2番、北九州記念のキョウワロアリングは15番。柏手がキョウワで的中させたネタ。
ネタの三/シモゲンリはダート先行で
シモゲンリ騎手はダートで先行しそうな馬で穴をあける。 まだオシシイ思いはできてないネタ。
タイムカプセル
カテゴリーのタイトル「タイムカプセル」は 来年のボキにおくるメッセージ。
MOBILE
qrcode
<< 競馬王杯レポート | main | タイムカプセル/神戸新聞、オールカマー >>
あしたのオールカマー/神戸
かしわで

1番人気マツリダゴッホは去年のセントライト記念で落馬した馬。
あのとき、落馬がなかったら勝っていたのか。

ホオキパウェーブ、バランスオブゲーム、コスモバルク。
この2年で連対している馬はセントライトでも連対していて、
だからゴッホが気になる。

2番人気サンツェッペリンははたして澱みなく逃げるのか。
サンツェッペリンの皐月賞15番人気を誘発したのは前走のスプリングSで
中団からの競馬をして見せ場もなく8着に負けたからだろう。
ではなぜ、スプリングSでそんな競馬をしたのか。
皐月で逃げ先行するための大掛かりな罠を仕掛けたのか。
こっからは妄察、
「ホープフルSで五十嵐冬騎手が追い込んで2着させたレースが頭にあって、
松岡騎手がそれを再現しようと試みたのではないか」
もう一回だけここで差しの練習を試みたりすることはないか。
あくまで叩き台として変な騎乗にチャレンジしたりしないか。
(たぶん逃げ先行でしょうが)

基本1、2番人気が強いレースだからこの2頭が両方はてるとは考えにくい。
しかし1番人気のサンデーサイレンスは3年連続で敗退中。
サンツェッペリンも休み明けで古馬初対決では負けても驚けない。

というわけでここは基本ボックス

★13ダイイチアトム
★16ブレーヴハート

★6マツリダゴッホ
★9サンツェッペリン
★4タマモサポート
△12シルクネクサス
△15エリモハリアー



神戸新聞杯

本日の阪神10芝1800で武豊騎乗のステイゴールド産が勝って、
最終芝2000でステイゴールド産が1着3着。

これを見たら神戸はドリームジャーニーしか買えないじゃないか。
まぁゴールドキリシマというネタもありますがね。

ただ金曜日の日刊スポーツ紙によると
武豊騎乗のもう一つの意味として
距離がどこまで持つかのチェックもあるとかないとか。
(場合によっては菊ではなくアメリカに行くとか行かないとか)

神戸新聞杯が去年までと同様の2000だったらもっと自信を持てるんでしょうが
2400になった今年はちょい心配。
ハイペースとかスローペースとかではなく
ヴィクトリーが残るペースとアサクサキングスが残るペースはちょっと違う可能性があり、
そのあたりを考慮して、

こんな馬券。
9ヴィクトリー=12フサイチホウオーの馬券

13アサクサキングス=14ドリームジャーニーの馬券

▲10アドマイヤミリオン
▲3マルモコウテイ
△6マイネルキーロフ
△15ヒラボクロイヤル

基本はの馬単。

アドマイヤミリオンはウォーエンブレムだから。
先週のセントライトでウォー産には散々な目にあいましたが、
まぁ懲りずにね。
| 予想 | 01:33 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 01:33 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://keibaoh.jugem.jp/trackback/46
トラックバック