ちぇ                      
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
鉄板競馬 3連単転生編 (競馬王新書29)
鉄板競馬 3連単転生編 (競馬王新書29) (JUGEMレビュー »)
グラサン師匠
現在一番新しい教科書が本書です。億を目指す男たちの漫画や不肖柏手の競馬だいたい暦が綴じ込み付録でついてるよ。
RECOMMEND
鉄板競馬 競馬歴30年以上、馬券名人たちの鉄板録・ぶっ込み道 (競馬王新書17)
鉄板競馬 競馬歴30年以上、馬券名人たちの鉄板録・ぶっ込み道 (競馬王新書17) (JUGEMレビュー »)
グラサン師匠
教科書第1弾。競馬歴30年以上の方々に聞いたとっておきの必勝法と巻末にとっておきの根多が掲載されてる記念すべき本だよ。
RECOMMEND
ネタの一/京都・阪神の最終は秋山
正式には京都・阪神の最終は秋山のワイド。 グラサン師匠が18万馬券をとったネタ。
ネタの二/芝1200・角田の内マクリ・外マクリ
角田騎手は芝1200の内枠と外枠で穴をあける。それっぽい馬で穴をあける。 函館SSのアグネスラズベリは2番、北九州記念のキョウワロアリングは15番。柏手がキョウワで的中させたネタ。
ネタの三/シモゲンリはダート先行で
シモゲンリ騎手はダートで先行しそうな馬で穴をあける。 まだオシシイ思いはできてないネタ。
タイムカプセル
カテゴリーのタイトル「タイムカプセル」は 来年のボキにおくるメッセージ。
MOBILE
qrcode
<< きょうのけいば | main | 今週は共同通信杯 >>
きのうのけいば
かしわで

きょうの日刊スポーツにこんなコメントが。

きのうのきさらぎ賞に関する関係者の談話です。


ワールドエースの調教師・池江師
「(若駒Sは)勝ちたかったのでがっくりきた。でもVTRを見て納得。32秒の脚を使わなければ勝てない状況だったから仕方なかったね。これまでの2戦は福永騎手がしっかり我慢を覚えさせてくれていた。それが今回に生きた」

「やっぱり競馬は勝たなければいけないんだよ」

福永騎手をねぎらいながらも、若駒を勝てなかったショックは隠しきれてないコメントです。
自分が今回は心配ないと書いてきたのは、ここをイマジネーションしてです。

小牧騎手のコメントです。
「自分が粗相をしなければ勝てると思っていた。まるでオルフェーヴルみたいだった。
脚がまったく違う。違うんよ。
できたらずっと乗りたいなぁ」

違う。違うんよ。→この繰り返し。しかも2回目は語尾を「んよ」に変換。ここがいい。

できたらずっと乗りたいなぁ→小牧騎手のキャラがこぼれててここもいい。


週刊競馬ブックのコメントです。
ベールドインパクトのCデムーロです。
「硬い馬場を気にしていました」
これをどう取ったらいいのか?ちょっと気になります。

ベールドインパクトは今まで立ち遅れてばかりいたけど、
きのうはスッと出て、
5−2−2の競馬。

勝ち馬は10−8−8
2着が11−11−11

と、教え込まれてきたことの延長線の競馬をしたのに対し、
この馬はこれまでとは一転しての先行抜け出し競馬。

そんなに悲観する内容とは思わないけど、賞金を加算できなかったことで、
またどこかで無理をしなければいけなくなったわけで、
社台Fとしては痛いところか。


プレミアムブルーの幸騎手です。
「結果的にハナに立てば良かったですね。馬込みだとハミを噛んでしまって力を出し切れません。今日は参考外です」

この馬は今後も3着しそうな気がします。



カテゴリーに「コメント」を設けました。
振り返るのが楽になればと思いまして。
| コメント | 13:07 | comments(3) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 13:07 | - | - | pookmark |
コメント
やっぱり「違う」んですね。

個人的にはワールドエースがクラシックを取るイメージがあんまり沸きません。。きさらぎ賞を勝ってよけいに。
なんの根拠もないですけど・・・
| ぐっちゅん | 2012/02/06 7:22 PM |
かしわで


その界隈の方曰く、
っていうか自分も去年のあちらで書いたけど、
きさらぎ賞って、ダービー2着をイメージするレースでしょう。

毎年そうではないけど、ときどき出現する。
2着馬が。
それは好き嫌い別として覚えていてソンはないと思われます。

何度も書いてますけど自分は「きさらぎ賞が余計だった」とならなければいいのだが…そんな心配指数です。

陣営もまだコーナー4つの競馬に不安ありと述べてますしね。

| かしわで | 2012/02/06 7:28 PM |
きさらぎ賞はサラッと見る感じでしたが、
Aムーンはもうチョイ短い距離の方が良いと思いました。
大体ダーレーのムーン馬は、ミスプロにミスプロを掛けるという、不可思議な構成が多い。底力を感じません。
新馬戦だけ勝ちたいのかな?

で、ワールドエースは相当強かった。
嫌うなら中1週のココかな?と思ったけど、全然危なげなかった。
ヒストリカルも相当キレてます。
それを余裕でしのぐんだからかなりの器でしょう。

コーナー4つの競馬はまだ不安ですが、オルフェよりはマシなはず。
このまま順調にいったら、
ダービーはブリランテとWエースが人気を分け合いそうです。
岩田か福永、どっちかがダービージョッキー?
エビちゃんはベストディールで対抗できるか、
それとも新星が現れるのか、楽しみですねー
| ラウンジャー | 2012/02/07 1:01 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://keibaoh.jugem.jp/trackback/3955
トラックバック