ちぇ                      
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
鉄板競馬 3連単転生編 (競馬王新書29)
鉄板競馬 3連単転生編 (競馬王新書29) (JUGEMレビュー »)
グラサン師匠
現在一番新しい教科書が本書です。億を目指す男たちの漫画や不肖柏手の競馬だいたい暦が綴じ込み付録でついてるよ。
RECOMMEND
鉄板競馬 競馬歴30年以上、馬券名人たちの鉄板録・ぶっ込み道 (競馬王新書17)
鉄板競馬 競馬歴30年以上、馬券名人たちの鉄板録・ぶっ込み道 (競馬王新書17) (JUGEMレビュー »)
グラサン師匠
教科書第1弾。競馬歴30年以上の方々に聞いたとっておきの必勝法と巻末にとっておきの根多が掲載されてる記念すべき本だよ。
RECOMMEND
ネタの一/京都・阪神の最終は秋山
正式には京都・阪神の最終は秋山のワイド。 グラサン師匠が18万馬券をとったネタ。
ネタの二/芝1200・角田の内マクリ・外マクリ
角田騎手は芝1200の内枠と外枠で穴をあける。それっぽい馬で穴をあける。 函館SSのアグネスラズベリは2番、北九州記念のキョウワロアリングは15番。柏手がキョウワで的中させたネタ。
ネタの三/シモゲンリはダート先行で
シモゲンリ騎手はダートで先行しそうな馬で穴をあける。 まだオシシイ思いはできてないネタ。
タイムカプセル
カテゴリーのタイトル「タイムカプセル」は 来年のボキにおくるメッセージ。
MOBILE
qrcode
<< 一の矢、二の矢で | main | グラサン >>
ゴットマスタングは神でなかったのね。
かしわで




ゴッドマスタング


だと思ってました。 


でもよくよく見たら、


ゴットマスタング

でした。


え? 神じゃなかったの?

ビッグカメラじゃなくって、ビックカメラですから! みたいなもの?


馬主を見たら、後藤進とあり。

後藤でゴット!?

馬名由来を見たら、
「馬主名+野生馬」とあり。

やっぱり、後藤さんのニックネームかハンドルネームがゴットさんなんだ。

へぇ〜〜〜〜。

みんな知ってました? 知らなかったのは自分だけ?


8000分の1が引ければ!
っていうか、
PGG引くよりはチャンスはあるか?

いずれにせよ、ミリオンゴッドと重ねて書かなくて、よかった。


今日の恭は(0 1 0 8)

乗れているのか、いないのか?
一般的には乗れているとは言えないけど、減量騎手なら、乗れてると言っていいのか?


ゴットマスタングは5着


これが自分の予想。

上手く乗れれば5着はある。
展開が見方してくれなきゃダメだけど、
最高に上手くのれれば、5着はある。

自分は菊花賞で5着して、天皇賞春で3着した
ストラタジェムをイメージしてます。

ストラタジェムはサンデー×サドラーズウェルズ

ゴットはフジキセキ×サドラーズウェルズ


フジキセキは母父にスタミナがあれば、距離は持つと以前、血統屋の栗山さんに聞いたことがある。


今日の馬場の速乾力(1000万で1分58秒台)を見たら、
騎手はみんな前のめりに仕掛ける可能性あり。

国分恭が8着に入れば最高的な、ただひたすらに欲を殺した、この馬のいつもの競馬を
心がけてくれれば、
5着に突っ込める可能性あり。

最高に上手く乗って5着。

超最高に乗れたならば……!!!

4着はある!!

で、超最高スーパーに乗れれば………!!!

3着!!


自分はそこに期待したい。



ストラタジェム
菊花賞 16人気5着 騎手福永(5ヶ月休養明けのぶっつけ出走)
7−7−8−16 から5着。スーパーVライン。
けっして上手な騎乗ではなかった。
勝ったのはデルタブルース(岩田)

天皇賞春 8人気3着 騎手ボス(不肖かしわでの◎)
14−15−10−5 から3着
勝ち馬はディープインパクト


ゴットマスタングはデビュー以来ずっと国分恭が騎乗。

まずここに惹かれる。無条件に惹かれる。

それは、国分恭騎手を乗せ続けたいまどき珍しい人情的な話とかからではない。

国分恭騎手が乗っていたから、取りこぼしたり、惨敗したりがあったのではないか?
本当はもっと強い馬ではないのか?
まだまだノビシロがあるのではないか?

国分恭ゆえにノビシロがいっぱいあるのではないか?
そういうイタって、失礼な部分に惹かれる。

でもそれゆえにイマジネーションを刺激する。

この2戦の追い込みに徹した騎乗ぶりから、
この馬の操作方法をマスターしつつあるのではないか?
(ここ2戦、上がり2位、1位)

鉄板競馬でも恭騎手は「差す競馬」へのこだわりが感じられたけど、
それを教えたのがゴットマスタングなのではないか?
国分恭の騎手としての成長とともにゴットマスタングの成績も安定してきたのではないか?

長距離ド根性理論的にもこの馬はマイナス1。
このマイナス1も国分恭がまだ未熟だったとしたら、ここにもノビシロがある。


この馬は500万を勝ったばかりの馬。
1000万条件1着が最低でも欲しいことはわかっているけど、
今回は、オルフェーヴルの三冠のかかった菊花賞。
三冠がそもそもめったにないこと。
頭の方がめったにないことなら、
ケツの方もめったになくてもいいのではないか?


必要なものは、

1 国分恭の欲望の消去 徹底した着狙い。最後方競馬。
2 流れ。オルフェーヴルに勝つためにはオルフェーより早く仕掛けなければという意識。それも個の意識ではなく、集団意識。第3コーナーより前くらいからの仕掛け。仕掛け合い。
3 その流れに惑わされない国分恭の徹底した着狙い。最後方競馬(リフレイン)

この3つが揃えば!

そして、今回はそういう流れになる可能性がないとはいえない。例年以上にありえる。
(どスローでも、平均ペースでも、仕掛けが早くなればいい)



というわけで、

まずはゴットマスタングに0.5分の期待。





| 妄察系 | 20:52 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 20:52 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://keibaoh.jugem.jp/trackback/3555
トラックバック