ちぇ                      
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
鉄板競馬 3連単転生編 (競馬王新書29)
鉄板競馬 3連単転生編 (競馬王新書29) (JUGEMレビュー »)
グラサン師匠
現在一番新しい教科書が本書です。億を目指す男たちの漫画や不肖柏手の競馬だいたい暦が綴じ込み付録でついてるよ。
RECOMMEND
鉄板競馬 競馬歴30年以上、馬券名人たちの鉄板録・ぶっ込み道 (競馬王新書17)
鉄板競馬 競馬歴30年以上、馬券名人たちの鉄板録・ぶっ込み道 (競馬王新書17) (JUGEMレビュー »)
グラサン師匠
教科書第1弾。競馬歴30年以上の方々に聞いたとっておきの必勝法と巻末にとっておきの根多が掲載されてる記念すべき本だよ。
RECOMMEND
ネタの一/京都・阪神の最終は秋山
正式には京都・阪神の最終は秋山のワイド。 グラサン師匠が18万馬券をとったネタ。
ネタの二/芝1200・角田の内マクリ・外マクリ
角田騎手は芝1200の内枠と外枠で穴をあける。それっぽい馬で穴をあける。 函館SSのアグネスラズベリは2番、北九州記念のキョウワロアリングは15番。柏手がキョウワで的中させたネタ。
ネタの三/シモゲンリはダート先行で
シモゲンリ騎手はダートで先行しそうな馬で穴をあける。 まだオシシイ思いはできてないネタ。
タイムカプセル
カテゴリーのタイトル「タイムカプセル」は 来年のボキにおくるメッセージ。
MOBILE
qrcode
<< コパノパニックのドクターコパさんから御祝儀を頂戴しました。 | main | 2007 京成杯/セントウル >>
開幕のタナカツ
かしわで

京成杯、終わってみれば「開幕のタナカツ」でございました。

セントウル、終わってみれば「開幕のフルゲート短距離は内枠がよろし」でございました。

京成杯は書いたとおり、ハンデ戦の重賞なのになぜかベテラン騎手、っていうより五人の騎手が幅を利かせる傾向にあり、
その5人の内、内の2人(タナカツと後藤)で1着3着。

なるほど。納得のハズレでございます。

悔しいのはセントウル。

フルゲートの短距離重賞はいつだって(北九州はそれで的中)枠のバイアスを気にするのに今回はそれを怠った、つーか甘くみてしまった自分に立腹でございます。

特にフレンチデピュティの2枠の2頭が1着、4着という現実に心はヒリヒリと痛みます。

距離は違えど昨日の朝日でフレンチデピュティの1800バカが2着し、
今日の8レースでもフレンチデピュティのナイスヴァレーが3着したのを目の当たりにしてなお買えない情けなさ。

センスのなさ。

昨日アップした予想とは違う馬券でも大的中するならそっちのほうがいい。
昨日アップした予想と違う馬券買ってんじゃねーよと叩かれても、大的中するほうがうれしいタイプなので、
昨日からたっていたであろう煙りを感知できなかったことはパンチドランクでございます。

というわけで
今日のネタを来年の今日上手く活用できるよう残しておこう。

| 現想 | 18:35 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://keibaoh.jugem.jp/trackback/23
トラックバック