ちぇ                      
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
鉄板競馬 3連単転生編 (競馬王新書29)
鉄板競馬 3連単転生編 (競馬王新書29) (JUGEMレビュー »)
グラサン師匠
現在一番新しい教科書が本書です。億を目指す男たちの漫画や不肖柏手の競馬だいたい暦が綴じ込み付録でついてるよ。
RECOMMEND
鉄板競馬 競馬歴30年以上、馬券名人たちの鉄板録・ぶっ込み道 (競馬王新書17)
鉄板競馬 競馬歴30年以上、馬券名人たちの鉄板録・ぶっ込み道 (競馬王新書17) (JUGEMレビュー »)
グラサン師匠
教科書第1弾。競馬歴30年以上の方々に聞いたとっておきの必勝法と巻末にとっておきの根多が掲載されてる記念すべき本だよ。
RECOMMEND
ネタの一/京都・阪神の最終は秋山
正式には京都・阪神の最終は秋山のワイド。 グラサン師匠が18万馬券をとったネタ。
ネタの二/芝1200・角田の内マクリ・外マクリ
角田騎手は芝1200の内枠と外枠で穴をあける。それっぽい馬で穴をあける。 函館SSのアグネスラズベリは2番、北九州記念のキョウワロアリングは15番。柏手がキョウワで的中させたネタ。
ネタの三/シモゲンリはダート先行で
シモゲンリ騎手はダートで先行しそうな馬で穴をあける。 まだオシシイ思いはできてないネタ。
タイムカプセル
カテゴリーのタイトル「タイムカプセル」は 来年のボキにおくるメッセージ。
MOBILE
qrcode
<< 本日のフェアリー | main | イコピコとベストメンバー >>
根多買いアワード2009年度版
グラサン・かしわで


個人賞を発表します。


ゴールデン・ロング・イマジネーション・ホース

アントニオバローズ
 

春はシンザン記念からダービーまで。
秋は神戸新聞杯からジャパンカップダートまで。
もっとも長い期間、
さまざまな想像と心配を与えてくれた馬。

3歳1月に早くも「今すぐジャパンカップダートに勝てる!」(某騎手)から始まり、
不本意な形での皐月賞敗戦、
立て直して、
ダービー3着。
秋はノドの炎症で神戸新聞、菊花賞惨敗。
角田騎手のコメント「どこまで試練を与えるんや」は
まっとうなブログならコメント大賞もの。

で、ジャパンカップダートにその姿はなし。

もっとも長期間にわたり、我々二人をやきもきさせた馬がアントニオバローズであった。
柏手的には今だ「ベストマイラー」説は継続中。
つまり今だイマジネーションホース。



最優秀ライク・ア・デットーリ賞

フルキチ騎手=『秋の福島・芝1200のデットーリ』



根ットーリ的にこれ以上なし。文句なし。
『本人より先に発見』(グラサン師匠)。
他にも「〜〜のデットーリ」は生まれましたし、ありますが、
いろんなバランスがベスト。
「秋山=暮の中京のデットーリ」とかその他はマジが少し強くペーソスが少し弱いので、
(つまり凄く使えそうなので)春の単行本用に回します。




最優秀グラサンホース  

ワンダーアキュート
 
武蔵野S1着。5番人気のこの馬がグラサンホースだったから、井内さん転生でヒモにした、 ダイショウジェット(11人気)との馬連万馬券15370円が的中したともいえる。(グラサン師匠)



スーパー・ファンキー・サタデー・ホース

ブラボーデイジー 


モバイル・パニック7編集部のウエスギには「土曜日のかしわで」と
完全にレッテルを貼られてるけど、
そのレッテルにもっとも貢献してくれたのがこの馬。
◎福島牝馬と◎愛知杯の2回土曜日にフィーバー。



ベスト・ストレンジ・ウィーク

函館SSの週
タニノマティーニ2着の函館SSの週

書きたくないタニノマティーニから週が始まり、
最後までタニノマティーニから逃れられず、
最終的にはタニノマティーニのおかげで馬券もとれた
自分でもよくわからない奇妙な一週間。
実際ブログでもストレンジウィークと書いていたのでそのまま採用。




最優秀多根馬  

ヴォレハクユウ(キムケン)
トウショウブリッツ(浜中)
 
3/28阪神9レース
ヴォレハクユウは初めて『警戒』と表記した馬。それが見事に3着(複勝1260円)!
推奨トウショウブリッツは2着(複勝650円)。

「その2頭のワイドなどで総額約17万勝ってうっとりしてたら、 コメンテーターのへなぴが、3連単2036630円を的中させていた。馬名とかはさっぱり覚えてなかったけど、昨年、最も衝撃な馬券やった。」グラサン師匠


ここまで1/12 02:08 発表


最強タッグ

最終の「秋山とローズカットダイヤ」のコンビ

2009年もっとも追いかけたコンビ(グラサン師匠)。
ローズカットダイヤは去年7レース出走して、4レースが最終でその4レースすべてに秋山が騎乗して、
2着2着3着1着。
ローズは全7レースすべてで馬券になってたけど
その勝ち切れない感じが「最終の秋山はワイドで鉄板」と見事にシンクロ。

       


金の心配大将

武幸騎手
皐月賞のトライアンフマーチ

8番人気で2着した皐月賞。印(◎)をつけるまでの週中の流れと当日の人気とレースが始まってからの後方待機。
心配指数は頂点に立ちながらも、それでも期待できるかもしれないというワクワク感。
G1の武幸は8番人気9番人気がベースであることの発見。
すべてが調和したレースに◎を打てた喜び。


ここまで12:37分発表。




ベスト・フォトジェニック

的場文騎手IN園田競馬場


091015_1352~020001.jpg

出場騎手紹介での一枚。



まと表彰

2レースあって、最初の1レースに勝って王手をかけた状況での一枚。


アツイ想いは一旦天に昇り、そこからやさしく降ってくることを教えてくれた。

浪花節インタビューにまっすぐに真摯にWSJS初出場へのアツイ思いを話す的場文騎手に
ミスター・フォトジェニック賞を。

その想いは園田の空へ駆け上がり、
しだれ柳の花火のように園田競馬場全体にやさしく降りそそいだ気がしたし、

その声はあたかもジョッキールームで待機するライバルたちまでも?
やさしく染み込んだ気がした。

逃げて2勝。逃げは背中で乗れ。

いぶし銀の背中騎乗で見事WSJS初出場決定。それを間近で見られた幸せ。





ゴールデン・オン・ザ・ボーダーライン
(金のヒモ馬)

ジョーカプチーノ(NHKマイル)


予想そのものはまっとう。全体像を見渡して、そこから絞り込む感じは今読み直しても我ながらうっとり。つーか誰だよお前!
前日オッズ的に孤独な場所にいた馬が最終的には境界線上に出現。
終わってから「ヒモの境界線上」が時より「パワースポット」になることを教えてくれた馬。




ここまで14:55に発表。



特別賞

ピエナビーナス

どえらいカンバック賞

フルキチ騎手

クイーンS1着。
フルキチ騎手、久々の重賞勝ち。単複馬連総ながしで的中。
家で競馬中継を見てたら夫人に「グラ坊の水着を持って来てくれ」と電話でいわれ、
実は鴨川の中で携帯のテレビで観戦したという、
まさに鴨川のグラサン状態でのマイフレンドジョッキーの勝利に対して。(グラサン師匠)

負傷明けでどえらいカンバックをはたしたフルキチ騎手と
そのフルキチ騎手の期待に答えたピエナビーナスへ。







最優秀作品賞(パルムドール)

ジャパンカップ


主演女優賞
ウオッカ
助演男優賞オウケンブルースリ
助言男優賞グラジロウ(グラサン師匠次男坊)

ルメール乗り替わりで勝ったウオッカと
ハナ差で2着したオウケンブルースリという誰が見ても息を飲むゴール前、そのレースぶり!

だけでなく、

予定を一週早めて誕生したグラサン師匠第2子から生まれた

イマジネーション=オウケンブルースリ!!

大人たちの勝手な暗示をあざ笑うかのような
オチ付の結末(ハナ差2着)!!!

我々二人が最高に息を飲み、最高にスベれたレース!!

それでいて一応馬券も的中!儲かりはしないが救いもあったレース!

今年のパルムドール(最高賞)は満場一致でジャパンカップに。

「予定日のJCダートを避けて、JCターフに合わせて産まれたグラジ。 イマジンしてたオウケンは、グラジの暗示?と単勝勝負も鼻差の2着。 鼻がひっかかて鼻にアザが出来て産まれたグラジの、鼻差の暗示」グラサン師匠



ここまで15:48 発表




コメント大賞  超抜

奇しくも同じ週に2つの陣営から「超抜」コメントが。
矢作厩舎 ダイワバーバリアン 3着
白井厩舎 ケイアイテンジン  1着

今後定番化するのか追ってみたい表記。
有馬記念の週にネヴァブションへの記者の創作系「超抜」表記がありましたが
ああなっちゃうと使いにくいか?
競艇好き関係者のここぞという時のコメントで注目したい。



ラジー賞
(ゴールデン・・スベリ・レース)

エリザベス女王杯


もはや説明の必要なし。今年一番背骨が折れそうになったレース。(柏手)



以上。




| 年度代表馬 | 16:13 | comments(4) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 16:13 | - | - | pookmark |
コメント
選考作業おつかれさまでした。
なんとなく去年1年が凝縮されてますね。

自分のコメント大賞は横山典に尽きます。

「ゴール板過ぎた後、久しぶりにユタカに「おめでとう」って言われたよ。」(ダービー後のコメント)

「何やってんだか」(エリ女後のコメント)

この二つが心に残ってます。
| 卍屋 | 2010/01/13 12:09 AM |
かしわで


コメント大賞は一番振り返るのがめんどうな賞。

コメントカテゴリーを設けておけばよかったといつも思う。
今年も思った。

だからもっと相応しいものがあった気がするけど、
「超抜」は矢作厩舎だけに今後も重賞のたびに探す楽しみを与えてくれそう。
今年につながりそうなコメントとして、
それを忘れないために大賞に。

理想はノミネート5コメントくらい選んで、
本誌予想陣やニギニギ系のみなさんの投票で決めたいくらい。
それくら自分はコメントが好き。

今年はなんとかしたいもんだ。
| かしわで | 2010/01/13 12:32 AM |
膨大な作業お疲れさまです。
コメント大賞はオモローですね。

たしか一昨年のコメント大賞は、アンミツのアレだったような気が…
個人的には四位の「うるせーよ!!!」でしたが。

去年はというと…パッと閃いたのが、
大スポに載ってた朝日FS前の小牧の言葉。
「(勝利騎手)インタビューのコメントはもう考えてある」です。
男・藤田や松岡ではなく、小牧というのもポイント高し。
ここまで確信的なコメントを見た記憶はちょっとありません。
| ラウンジャー | 2010/01/13 11:40 PM |
かしわで


あった。小牧のインタビューのコメント根多。
ついこの間なのに忘れてたのは
朝日杯だけに超抜に夢中になってたからか。
とにかく小牧は油断できない。
拾えてないコメントがいっぱいあるはず。



正直コメントを読んで心に残るかは
そのときの読み手の精神状態や環境、シチュエーションが大事かとは思うけど
面白いコメントは基本いつ読んでも面白い。


ほんとなんとかしないといけないなぁ。


| かしわで | 2010/01/14 12:38 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://keibaoh.jugem.jp/trackback/1716
トラックバック