ちぇ                      
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
鉄板競馬 3連単転生編 (競馬王新書29)
鉄板競馬 3連単転生編 (競馬王新書29) (JUGEMレビュー »)
グラサン師匠
現在一番新しい教科書が本書です。億を目指す男たちの漫画や不肖柏手の競馬だいたい暦が綴じ込み付録でついてるよ。
RECOMMEND
鉄板競馬 競馬歴30年以上、馬券名人たちの鉄板録・ぶっ込み道 (競馬王新書17)
鉄板競馬 競馬歴30年以上、馬券名人たちの鉄板録・ぶっ込み道 (競馬王新書17) (JUGEMレビュー »)
グラサン師匠
教科書第1弾。競馬歴30年以上の方々に聞いたとっておきの必勝法と巻末にとっておきの根多が掲載されてる記念すべき本だよ。
RECOMMEND
ネタの一/京都・阪神の最終は秋山
正式には京都・阪神の最終は秋山のワイド。 グラサン師匠が18万馬券をとったネタ。
ネタの二/芝1200・角田の内マクリ・外マクリ
角田騎手は芝1200の内枠と外枠で穴をあける。それっぽい馬で穴をあける。 函館SSのアグネスラズベリは2番、北九州記念のキョウワロアリングは15番。柏手がキョウワで的中させたネタ。
ネタの三/シモゲンリはダート先行で
シモゲンリ騎手はダートで先行しそうな馬で穴をあける。 まだオシシイ思いはできてないネタ。
タイムカプセル
カテゴリーのタイトル「タイムカプセル」は 来年のボキにおくるメッセージ。
MOBILE
qrcode
<< 菊花賞イマジネーション | main | 稍重か、重馬場か、soupleか。 >>
マイネルヴンシュが勝ったら、ヴンシュ砲とか言われるのかな?

かしわで

 

 

「伊集院光とラジオと」を聴いていたら、「ぼよよん行進曲」が流れてびっくりした。

 

どうやらゲストが元・歌のお兄さんで、思い入れのある一曲としてかかったようだ。

 

相変わらず、サビの部分がせつなく聴こえて、心に響く。

元気いっぱいの歌のはずなのになぜだろう?

 

なぜだろうといえば、

プラチナヴォイスに田辺が騎乗する。

なぜだろう? と思っていたら、若大将が先週のハローユニコーンとセットで依頼されたのでは?

と語っていた。

 

なるほど。どちらも鮫島厩舎だ。

先週のハローユニコーンは15着だった。

複数頭依頼好きの自分としては、プラチナヴォイスが俄然きになりだした。

そもそもきさらぎ賞〜皐月賞までこだわって買っていた馬だ(馬券になったのはスプリングSのみ)。

 

父エンパイアメーカーはアンブライドルド系で、母父マンカフェは菊花賞馬だ。

これは、トーホウジャッカルの父スペシャルウィーク(菊花賞2着・天皇賞春1着)、母父アンブライドルズソング(アンブライドルド系)に似ていて、菊花賞でも内に切れ込む悪癖を出さなければ走ってもおかしくない(はず)。

 

 

トリコロールブルーに戸崎が騎乗する。

なぜだろう?

今、発売中の競馬特集のNumberで、「重賞勝利数よりリーディングにこだわりたい」、「たとえカッコ悪いと言われようがそこにはこだわりたい』的なことを語っていたのを読んだばかりなので、てっきり関東でリーディングの地固めをすると思っていた。

戸崎といえども、ノーザンF系の馬主からの依頼は断れないということか?

もしくは、すごいデキでシルクの秘密兵器になっているのか?

 

 

母父ダンスインザダークということで、アドマイヤウィナーをあげてるイマジネーターがけっこういた。

この馬は現状7分の1の抽選で、そのハードルは高いけれど、自分も抽選に突破したら買いたいと思っていた。

母父ダンスインザダークというより、自分は父ワークフォースに魅かれていた。父系の母系が魅力的だと思ったからだ。

はたして抽選を突破できるか? 

ちなみに自分が菊花賞や天皇賞春で、ず〜っと(02年から)ひそかに採用している長距離ド根性理論でも合格だ。

 

 

美浦の本間厩舎から栗東の佐々木厩舎に転厩したのに、鞍上は善さんのままのブレスジャーニー。

この馬がダービーに出ることを楽しみにしていたけど、まさか菊花賞に出るとは思わなかった。

なぜだろう?

秋は天皇賞秋やマイルチャンピオン路線かと思っていたからだ。

 

心のどこかで、馬齢で出走できるからG1の菊花賞に出るのだろうな?(叩き台だろうな?)と思いつつも、善さんが騎乗、しかも週末は雨となったら、スルーする自信はない。

善さんのGO WESTは雨だの重馬場だののイメージが強いからだ。

(宝塚のナカヤマフェスタ・稍重・晴れ、エリ女のレインボーダリア・重馬場・雨、ついでに安田のジャスタウェイ・不良・小雨)

 

 

 

 

| - | 00:59 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
いろいろコメントしたくなる事に触れているので
お邪魔します。

マイネルと善臣さんの話しで、初めての持ち馬
マイネルビンテージが出た2000年の菊花賞を
思い出します。レースは同枠のエアシャカールと
トーホウシデンで決まったのですが、うちの馬も
ピカピカで生涯最高の出来に見えました。
2週目4コーナーで内のゴーステディが少し外に
膨れた時点でバランスを崩しました。走った事の
ない距離を頑張っていたのに、そこで気持ちの糸が
切れたようで、その後は地方移籍後も含め真面目に
走る事はありませんでした。

ブレスジャーニーがビンテージと同じ佐々木厩舎に
移籍し菊花賞に使うと知って、この馬も同じように
ならなきゃいいなと真っ先に思いました。

ところで今年のマイネルヴンシュですが、古馬との
レースで勝ったとはいえ、8頭立て1000万特別。
同門ウインが道を開けたようにも見えるレースで、
道中もほぼストレスのない競馬。
穴人気すればするほど見送りたくなります。

最終追いの動きはミッキー、キセキ、Sアーサー。

ミッキーは前向きに走りすぎて2度の坂超えが心配、
アーサーはマイラーっぽい走りなんで、少しズブい
感じがするキセキでいいのかなぁ。前に馬を置いて
抜け出す調教は実戦をイメージしていて良かった。

あとプラチナヴォイスには前目のレース、もしくは
外廻りのラチの切れ目を利用して内に切れ込む策で
2004年2着のホウキパウェーブっぽいのを期待。
勝ったのは角居厩舎のデルタブルースだったし、
同じような雰囲気のキセキとセットで来ないか
注目しています。(この馬連ワイドが観戦料です。)

| クワトロホシーナ | 2017/10/19 4:38 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://keibaoh.jugem.jp/trackback/10833
トラックバック