ちぇ                      
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
鉄板競馬 3連単転生編 (競馬王新書29)
鉄板競馬 3連単転生編 (競馬王新書29) (JUGEMレビュー »)
グラサン師匠
現在一番新しい教科書が本書です。億を目指す男たちの漫画や不肖柏手の競馬だいたい暦が綴じ込み付録でついてるよ。
RECOMMEND
鉄板競馬 競馬歴30年以上、馬券名人たちの鉄板録・ぶっ込み道 (競馬王新書17)
鉄板競馬 競馬歴30年以上、馬券名人たちの鉄板録・ぶっ込み道 (競馬王新書17) (JUGEMレビュー »)
グラサン師匠
教科書第1弾。競馬歴30年以上の方々に聞いたとっておきの必勝法と巻末にとっておきの根多が掲載されてる記念すべき本だよ。
RECOMMEND
ネタの一/京都・阪神の最終は秋山
正式には京都・阪神の最終は秋山のワイド。 グラサン師匠が18万馬券をとったネタ。
ネタの二/芝1200・角田の内マクリ・外マクリ
角田騎手は芝1200の内枠と外枠で穴をあける。それっぽい馬で穴をあける。 函館SSのアグネスラズベリは2番、北九州記念のキョウワロアリングは15番。柏手がキョウワで的中させたネタ。
ネタの三/シモゲンリはダート先行で
シモゲンリ騎手はダートで先行しそうな馬で穴をあける。 まだオシシイ思いはできてないネタ。
タイムカプセル
カテゴリーのタイトル「タイムカプセル」は 来年のボキにおくるメッセージ。
MOBILE
qrcode
<< 本日発売! 前口上 | main | あしたのけいば >>
ダービーはなんだったのか?

かしわで

 

 

ダービーは、レイデオロは強いから勝ったのか、

ルメールが上手く乗ったから勝ったのか、

神戸新聞杯はそれを観戦するレースかもしれない。

 

「ダービーは展開に泣いた』的なコメントをけっこう目にするけど、

東京2400を途中動いて勝つのは容易いことではない。

レイデオロの場合は向こう正面で動いて、一番動いてはいけない3角〜4角では動かずにいた。

だから最後の末脚に繋がったのだろう。

 

だとしても、ああいうレースができるレイデオロが弱いとは思わない。

 

ただ、スローと見越して、向こう正面で動いたということは、あのまま後方にいたら勝てないとルメールが判断したとも言える。

どの馬に勝てないと思ったのか?

アドミラブルか、スワーヴリチャードか。

 

その2頭は故障でこの秋はメドが立っていない。

となると、今年の神戸新聞杯も1人気のレイデオロの横綱相撲、土俵入りと見立てればいいのだけれど……。

 

 

レイデオロの予想オッズは2.1倍。

1倍台じゃない。

ダービー2着、3着馬がいないのに2.1倍は気になる。

ダービーはルメールの巧さで勝ったと思っている人がnetkeiba.comにはそれなりにいるのかもしれない。

 

こうなるとひねた自分は、

1倍台なら取りこぼし、2倍台なら1着と思いたくなる。

レイデオロ単体での押し出し・引き出しだ。

 

実オッズが楽しみだ。

 

あとはあちらでお願いします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| - | 01:34 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント

コードブルーが終わりました
比嘉愛未(冴島)に『バカっ』って怒られたい
戸田恵里香(緋山)に『知ってる』って微笑んでもらいたい
そこばかり何回も見ております
来年はスクリーンで逢えるようです
楽しみです

神戸新聞杯のほうにデムルメ
ならば2列目は決まり
1列目をどうするか?

やはり……
そこも『もう1回』でしょうね〜

| 001 ブルボン4WD | 2017/09/22 1:21 PM |
fodで25日まで無料放送しているコードブルーの1と2を見て、
ようやく人間関係が理解できた。

っていうか、1が2008年に放送されていたのを知って、おどろいた。
HANABIという曲は9年前の曲だったんだ。

本筋とはぜんぜん違うけど、柳葉敏郎が扮する黒田先生の喋り方がどんどん柳葉敏郎(正式には物まねの柳葉敏郎)に近づいていくのが面白かった。


1と2が大好きだった人たちが3を批判しているとネットで取り上げられていたけど、3から見た自分は特に気にならなかった。
| かしわで | 2017/09/22 7:35 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://keibaoh.jugem.jp/trackback/10754
トラックバック