ちぇ                      
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
鉄板競馬 3連単転生編 (競馬王新書29)
鉄板競馬 3連単転生編 (競馬王新書29) (JUGEMレビュー »)
グラサン師匠
現在一番新しい教科書が本書です。億を目指す男たちの漫画や不肖柏手の競馬だいたい暦が綴じ込み付録でついてるよ。
RECOMMEND
鉄板競馬 競馬歴30年以上、馬券名人たちの鉄板録・ぶっ込み道 (競馬王新書17)
鉄板競馬 競馬歴30年以上、馬券名人たちの鉄板録・ぶっ込み道 (競馬王新書17) (JUGEMレビュー »)
グラサン師匠
教科書第1弾。競馬歴30年以上の方々に聞いたとっておきの必勝法と巻末にとっておきの根多が掲載されてる記念すべき本だよ。
RECOMMEND
ネタの一/京都・阪神の最終は秋山
正式には京都・阪神の最終は秋山のワイド。 グラサン師匠が18万馬券をとったネタ。
ネタの二/芝1200・角田の内マクリ・外マクリ
角田騎手は芝1200の内枠と外枠で穴をあける。それっぽい馬で穴をあける。 函館SSのアグネスラズベリは2番、北九州記念のキョウワロアリングは15番。柏手がキョウワで的中させたネタ。
ネタの三/シモゲンリはダート先行で
シモゲンリ騎手はダートで先行しそうな馬で穴をあける。 まだオシシイ思いはできてないネタ。
タイムカプセル
カテゴリーのタイトル「タイムカプセル」は 来年のボキにおくるメッセージ。
MOBILE
qrcode
<< 奥さん! | main | ダービーはなんだったのか? >>
本日発売! 前口上

かしわで

 

 

市原克也監督の

勝負馬券論・100万仕事のマグナカルタ

本日発売です。

 

 

「100万勝った人しか100万のステージはわからない」とちょっと前に監督がポツリと漏らしたのを昨日のことのように覚えています。

それを聞いて、自分も一刻も早く100万のステージに立ちたいと思ったものでした。

 

でも残念ながら自分はまだ立ったことがない。

 

「センターに立った者しかセンターの重圧はわからない」

と乃木坂の生駒ちゃんが言ってるのを聞いたことがある。

 

立つことでしかわからない光景があるということでしょう。

ならば、見てみたい。

 

 

今回は第1章の「勝負馬券・前口上」の一説を紹介。

実は自分が一番好きなシーンだったりもする。

 

 

 

 

中略

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前口上では、監督の100万ステージ体験談が綴られている。

100万仕事〜700万仕事まで。

チラリと伺ったことはあったけれど、時系列でまとめて読むと臨場感は違う。

 

古い当たり馬券のコピーを添えての勝負噺は、大胆かつ繊細、開放かつ緊迫で、監督の大きさがわかる。

いい意味と悪い意味、両方にかかる大きさだ(←ポイント)。

 

それでもまだ足りない。

 

だから、吉冨さんとの対談、双馬くんとの対談へと繋がっていくのだろう。

 

そして、最終章・勝負馬券マグナカルタへと向かう。

 

 

章と章の間に入る「賭博未来論」を読むと、そのレールの上を遥か前から走っていたことがわかる。

第1回〜17回までだから、6年前〜4年前に書かれたものだ。

 

ブレがないから、書き下ろしたものとの違和感がない。

 

 

初回 「はじめに」。

2回目「第2章」。

3回目「第3章」。

 

 

 

 

 

 

勝負馬券論・100万仕事のマグナカルタ

市原克也・著

定価1500円+税

 

本日発売

 

 

 

 

 

| - | 18:21 | comments(6) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
マグナカルタ一気に読みました。週末まで待てなくて、地方競馬の馬柱を無意識にみはじめました。最高のバイブルですが血だるまになりそうです。
| 華の刑事 | 2017/09/21 6:14 PM |
血だるま…
たしかに!

ただ一見、血だるまになりそうだけど、
よくよく読むと、
原資は少ない。多くて数万程度ではないか?

でも監督の転がしは、ダイナミックに加速していくから、
飛び散った感満載で、血だるま感がほとばしる。

そこが面白いのかもしれない。

即使用可の類いの攻略本ではないから、受け付けない人もいるかもしれないけれど、
何年経っても読み返せる厚みのある本だと思う。




| かしわで | 2017/09/21 8:17 PM |
返信ありがとうございます。市川監督だから初期投資のダメージを抑えられる。憧れてモノマネする自分は血だるまってことです。
マグナカルタのなかにもあったんですが、途中で買い足すのはどうなんでしょうか?例えば馬連1-2を買っていて発送直前に1-2に追い金するのはどうなんでしょうか?今まで痛い目しかあってないので自分はやめたのですが(3連複や他の買い方はありだとおもいますが)どうなんでしょうか?
| 華の刑事 | 2017/09/22 9:45 PM |
その辺りは、監督に聞くのが一番ですね。

これを読んでくれていたら答えてくれるのではないでしょうか?


押して成功する時もあれば、引いて失敗する時もある。その逆もある。
買い足して成功する時もあれば、失敗する時もある。

それが苦手な人は自分に「それをしない!」というルーティンを課せばいいし、得意だと思い込んでる人はそこを磨けばいいと、自分は思っています。


| かしわで | 2017/09/23 12:36 AM |
華の刑事、ありがとう!俺も週末が待てずに地方競馬に通ったから気持ちはよくわかる。

馬券の買い足しもよくやった。大体、俺は競馬場にいるから、時間を持て余してマークシートを塗ってしまうんや。
1−2の買い足しについては、1−2が穴オッズなら買い足す作戦もアリやと思う。本命オッズなら、そのレースは我慢して、別のレースで勝負した方が賢明なんちゃうかな?
俺の春天や冨さんの2千万客の話はその見本と思います。ただ、〆切前は傷病兵が出てくる時間帯なので要注意!

秋競馬も始まったばかりやし、まだ中山なので、俺はしばらくミニ100万仕事で遊ぶつもりやね。
| 市原監督 | 2017/09/23 9:34 AM |
かしわでさん、監督返信ありがとうございます。
馬券の買い足しの件ですが、監督その通りです。自分の買い足しは傷病兵が囁き出して「早く楽になれ」っていう誘惑に負けてのものだと本を読んで感じました。買い方勉強になりました。
マグナカルタ第2章楽しみに待ってます。ありがとうございました。
| 華の刑事 | 2017/09/23 7:14 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://keibaoh.jugem.jp/trackback/10753
トラックバック