ちぇ                      
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
鉄板競馬 3連単転生編 (競馬王新書29)
鉄板競馬 3連単転生編 (競馬王新書29) (JUGEMレビュー »)
グラサン師匠
現在一番新しい教科書が本書です。億を目指す男たちの漫画や不肖柏手の競馬だいたい暦が綴じ込み付録でついてるよ。
RECOMMEND
鉄板競馬 競馬歴30年以上、馬券名人たちの鉄板録・ぶっ込み道 (競馬王新書17)
鉄板競馬 競馬歴30年以上、馬券名人たちの鉄板録・ぶっ込み道 (競馬王新書17) (JUGEMレビュー »)
グラサン師匠
教科書第1弾。競馬歴30年以上の方々に聞いたとっておきの必勝法と巻末にとっておきの根多が掲載されてる記念すべき本だよ。
RECOMMEND
ネタの一/京都・阪神の最終は秋山
正式には京都・阪神の最終は秋山のワイド。 グラサン師匠が18万馬券をとったネタ。
ネタの二/芝1200・角田の内マクリ・外マクリ
角田騎手は芝1200の内枠と外枠で穴をあける。それっぽい馬で穴をあける。 函館SSのアグネスラズベリは2番、北九州記念のキョウワロアリングは15番。柏手がキョウワで的中させたネタ。
ネタの三/シモゲンリはダート先行で
シモゲンリ騎手はダートで先行しそうな馬で穴をあける。 まだオシシイ思いはできてないネタ。
タイムカプセル
カテゴリーのタイトル「タイムカプセル」は 来年のボキにおくるメッセージ。
MOBILE
qrcode
<< きょうのフォア賞 | main | おまかせ >>
勝負馬券論・100万仕事のマグナカルタ 第2章より

かしわで

 

 

 

 

 

 

 

9月20日に発売になる

賭博未来論の市原克也さんの

勝負馬券論・100万仕事のマグナカルタ

は、

読むほどにコクの出る本だと思うので、

中身を少しずつ紹介している。

 

前回は「はじめに」だった。

 

 

 

今回は、監督の勝負論の両翼の1つでもある、そしてマグナカルタに大きな影響を与えた

南関の伝説の予想家「ゲートイン・吉冨隆安」の章をご紹介。

(もう一人は、双馬毅氏)

 

 

 

 

 

 

 

 

こんな導入。

 

今回は、資本家と経営者の項を紹介。

経営者とは競馬を予想する者の、資本家とは馬券を買う者の、メタファーでもある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、市原監督は、

「予想のプロがいるならば、打つプロ、張り専門のプロがいてもいい」

と続ける。

 

 

それを受けて、吉冨さんが理想とする、もしくは自らに課している命題を語ります。

 

 

 

勝負馬券論は、9月20日発売!

Amazonで購入される方は早めの予約をお願いしま〜〜す!

 

 

 

 

 

 

| - | 22:07 | comments(7) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
予約しました
この秋意外と時間がとれそうなので
Amazonで他にも色々と買いすぎました。

日曜日の競馬は楽しかった
中山の10レースで宗像のタナカツでイン突きを
なんとか自分に理由付けしたかったので
菱田と丹内からワイド全で百円…

京王杯は
ガリバルディが内枠入ったら買うと決めていたので、相手に兄貴おすすめのグランシルクと
夏に買い続けたリバティーで
ワイド箱…

終わってみたらどー!ーーーん!

買い方が絶妙でした。
が、掛け金が自分のスタンスより小振り

ここは、監督のスタンスを学び
暑く熱く厚くぱふぱふ出来るよう
読んでみます。

追伸
ローズステークス楽しみです。
週初めの私の思いはレーヌミノルにあります

| ハナヲ | 2017/09/12 9:02 AM |
遅ればせながら10周年おめでとうございます!
複コロ参加出来ず無念……

苦手な夏競馬もようやく終わり、例年通り秋開催でコツコツと負債を取り戻したいと思います。
監督の本の到着がお彼岸とかぶるので、それを励みに仕事頑張りたいです!
毎日朝からおはぎ作りですw
| りんごもち | 2017/09/12 7:48 PM |
ハナヲは好調、
りんごもちはおはぎ作り。

そんな二人が予約したと知ったら監督も喜ぶんじゃないでしょうか?

でも本当に読んで損はないですよ!

平成は1989年から始まったけど、競馬エッセイ、コラムの名文は、
昭和に書かれたものが多い。
あの頃の文章の匂いが監督の文体にはある。

テーマはエッセイやコラムの類ではなく、勝負の類だけど、
監督の血や汗や歓喜や後悔や苛立ちや、お汁のジュルジュルまでも伝わってくる。

若い人にも読んで欲しいけど、若い人はこのブログにはいなさそうで、そこは残念ではあります。
| かしわで | 2017/09/13 1:25 AM |
ハナヲ、りんごもち、ありがとう!
「勝負馬券論」は3年分の賭博未来論に俺の勝負馬券話、2本の対談(冨さんと双馬くん)、勝負馬券マグナカルタ8憲章解説を加えた1冊で、かなり濃厚に仕上がっているので、夏の負債のリベンジ作戦を考える際の刺激的なお伴になってくれるはず。
10万馬券を当てた吉原のソープ店員の失踪から始まり、百万仕事や2000万仕事、さらには「馬券以外は何も買わない」という馬券勝負の果てまで話は及び、ぶっとく突っ込んで人生をねじ回す異色な競馬本だ。隅から隅まで楽しんでみてください!ご感想もお待ちしております。
| 市原監督 | 2017/09/13 10:40 AM |
予約完了なう。です!


楽しみだーーー!!!
| TRIP | 2017/09/14 10:29 AM |
kindle版で申し訳ないですが、予約しました。
富さんとの対談、ごく一部だけで唸るものが。。
もっと濃い、何かが掴める事を期待して
発売を待ちます。
| りんてい | 2017/09/15 12:01 AM |
りんてい、ありがとう!
紹介された部分は冒頭の部分なので、この後、かなり濃い展開になります。馬券論、賭博論を楽しんでみてください。
| 市原監督 | 2017/09/15 7:15 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://keibaoh.jugem.jp/trackback/10734
トラックバック