ちぇ                      
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
鉄板競馬 3連単転生編 (競馬王新書29)
鉄板競馬 3連単転生編 (競馬王新書29) (JUGEMレビュー »)
グラサン師匠
現在一番新しい教科書が本書です。億を目指す男たちの漫画や不肖柏手の競馬だいたい暦が綴じ込み付録でついてるよ。
RECOMMEND
鉄板競馬 競馬歴30年以上、馬券名人たちの鉄板録・ぶっ込み道 (競馬王新書17)
鉄板競馬 競馬歴30年以上、馬券名人たちの鉄板録・ぶっ込み道 (競馬王新書17) (JUGEMレビュー »)
グラサン師匠
教科書第1弾。競馬歴30年以上の方々に聞いたとっておきの必勝法と巻末にとっておきの根多が掲載されてる記念すべき本だよ。
RECOMMEND
ネタの一/京都・阪神の最終は秋山
正式には京都・阪神の最終は秋山のワイド。 グラサン師匠が18万馬券をとったネタ。
ネタの二/芝1200・角田の内マクリ・外マクリ
角田騎手は芝1200の内枠と外枠で穴をあける。それっぽい馬で穴をあける。 函館SSのアグネスラズベリは2番、北九州記念のキョウワロアリングは15番。柏手がキョウワで的中させたネタ。
ネタの三/シモゲンリはダート先行で
シモゲンリ騎手はダートで先行しそうな馬で穴をあける。 まだオシシイ思いはできてないネタ。
タイムカプセル
カテゴリーのタイトル「タイムカプセル」は 来年のボキにおくるメッセージ。
MOBILE
qrcode
<< 韓国のレースとフォア賞 | main | 勝負馬券論・100万仕事のマグナカルタ 第2章より >>
きょうのフォア賞

かしわで

 

 

グリーンチャンネルの出演者たちが意気消沈していた。

特に、進行役の大沢アナの消沈ぶりがわかりやすかった。

 

気落ちはわかります。

前哨戦の負け方としては「後方から脚を伸ばして、届かず」の方が印象がいい。

でもダイヤモンドは先行して、差されて4着。

 

こういう負け方を見ると、気持ちはなえる。

そういうもんだ。

でも、今回のテーマはサトノノブレスを行かせて、ペースメーカーをさせ、

ダイヤモンドがそれに続くというテーマでもあったはず。

 

ほとんど逃げたことのない馬を逃がすのだから、サトノノブレスも難しい競馬だったのではないか?

と合田さんが語っていたけど、

番手競馬をほとんどしたことのないサトノダイヤモンドにも難しかったかもしれない。

それはサトノダイヤモンドの加速装置の発動が難しい競馬だったともいえる。

 

つまり、最初からそういう作戦だったのだから、それで負けてもそんなにへこむものではないのではないか?

(差されて負けるのは印象はよくないけど)

 

しかも、自分が事情通に聞いた感覚では今回のダイヤモンドは60%の仕上げ。

 

インタビューで70〜80%の仕上げと語っていたとクワトロホシーナが教えてくれたけど、

おそらくそこまで仕上がっていない。

 

今回の走りで上向けば、そして馬場が去年並とは言わずともハードな馬場になれば、もっと太刀打ちできるのではないか?

去年の凱旋門賞 2:23:6

今年のフォア賞 2:35:86

ぜんぜん違う。いくらペースが違うとしても、ほどがある。

 

 

サトノダイヤモンドの加速装置のスイッチは今日の馬場では入らなかったということだろう。

 

 

大沢アナが最後に駆け込みで、レース後コメントを紹介して、さらに消沈感を促してくれた。

 

「池江調教師には聞ける状態ではない」

 

あたかも池江師が取り乱しているかのようなコメント。

本当かな?

馬の状態チェック、馬主やノーザンF関係者との話、バタバタしていて、インタビューに応えるどころじゃなかっただけじゃないのか? もしくは現地のリポーターが忖度しただけじゃないのか?

 

でも、こういうのは独り歩きしそうだ。

 

正直、合田さんは「前哨戦はこんなもん」とアゲるコメントをするかと思っていたけど、合田さんもダウン系だった(合田さんの凱旋門賞本命はどうみてもエネイブルとしか思えない)。

 

 

大沢アナの消沈感がフリになっているといいな。

 

 

 

合田さんは「ますますエネイブルの1強感が強まった」と語っていたけど、

合田さんだけじゃなく、海外通と言われる人はどの人もエネイブルだった。

 

今日のダイヤモンドの敗戦で、日本の1人気もエネイブルで確定か?

エネイブルはデットーリ騎乗なので、自分も当然注目していた。日本では現地よりおいしくなるのでは? と思っていたからだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| - | 01:42 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
ラジコ聴きながら運転していて、いい作戦だなと思いました。仕上がり途上なら尚の事、前で廻ってくるだけのレースにしたくなりますね。後ろに差されても脚がわかりやすいし、道中ぶつけられてのケガってリスクも減らせる。それと先頭なら馬が風景を覚えられるし。どこまで前向きなんでしょね&#12316;。でも、レースリプレイ見たらガッカリするかも。とりあえずチェックしたいのはフォームです。ではまた。
| クワトロホシーナ | 2017/09/11 1:56 AM |
うーん。
頭抱えたくなりますねー。
中2週でしたっけ?
疲れ取るだけでも大変でしょうね。
道中何度も脚をとられてるし、あんな猫背になって
しまうの初めてでしょ。
前脚のグリップを気にしているうちに疲労してきて
ラストの後脚の蹴り出しどころでなくなって、結果的に
加速装置発動できなかった感じでしょうか。
(今回の猫背イコール前輪駆動状態)

もしバタフライを泳いだ事のある人はわかってくれると
思いますが、いくらしんどくでも両足を蹴り込んで
上半身を浮かさないと、水の抵抗を受けすぎて腕を
掻きにくいし、スタミナを消耗するんよね。
両足を蹴り込んで体を浮かす前に、もがく様にバタバタ
しすぎてスタミナ切れをおこした…そんな感じかなぁ。

Enableは道悪もへっちゃらなジェンティルドンナって感じ。
サトノが前でレースした理由のひとつが前でレースする
この馬の事が頭にあったのかもとビデオ見て感じました。

英オークス先頭で走って7着だったPocketfullofdreamsって
出てこないのかな。走り見て気になったので…。
| クワトロホシーナ | 2017/09/15 12:32 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://keibaoh.jugem.jp/trackback/10733
トラックバック