ちぇ                      
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
鉄板競馬 3連単転生編 (競馬王新書29)
鉄板競馬 3連単転生編 (競馬王新書29) (JUGEMレビュー »)
グラサン師匠
現在一番新しい教科書が本書です。億を目指す男たちの漫画や不肖柏手の競馬だいたい暦が綴じ込み付録でついてるよ。
RECOMMEND
鉄板競馬 競馬歴30年以上、馬券名人たちの鉄板録・ぶっ込み道 (競馬王新書17)
鉄板競馬 競馬歴30年以上、馬券名人たちの鉄板録・ぶっ込み道 (競馬王新書17) (JUGEMレビュー »)
グラサン師匠
教科書第1弾。競馬歴30年以上の方々に聞いたとっておきの必勝法と巻末にとっておきの根多が掲載されてる記念すべき本だよ。
RECOMMEND
ネタの一/京都・阪神の最終は秋山
正式には京都・阪神の最終は秋山のワイド。 グラサン師匠が18万馬券をとったネタ。
ネタの二/芝1200・角田の内マクリ・外マクリ
角田騎手は芝1200の内枠と外枠で穴をあける。それっぽい馬で穴をあける。 函館SSのアグネスラズベリは2番、北九州記念のキョウワロアリングは15番。柏手がキョウワで的中させたネタ。
ネタの三/シモゲンリはダート先行で
シモゲンリ騎手はダートで先行しそうな馬で穴をあける。 まだオシシイ思いはできてないネタ。
タイムカプセル
カテゴリーのタイトル「タイムカプセル」は 来年のボキにおくるメッセージ。
MOBILE
qrcode
<< 皐月賞・参考程度ミステリー | main | 皐月賞/グラサン >>
皐月賞1

かしわで

 

 

どんなに社台勢が逸材を送り込んでも、1頭は非系が絡む。

 

本質はそこだったりもする。
なぜ独占できないのか? 少なくともノーザンなら3があってもいい。

 

だけど、なかなかできない。

 

 

 

 

自分の◎というか、ヒモ◎は週中から変わってません。
だとすると「非系の枠」はそれでいっぱいになってしまう。

 

でもファンディーナには頑張ってほしい。

 

このブログを長くお読みの方なら、自分がダービーに向けて、役者が揃うのを楽しみにしているのをご存知のはず。

 

花のある役者が出そろって、激突しあう。

 

それこそがダービーのお楽しみでしょう。

 

 

じつは、桜花賞でソウルスターリングが勝ったら、
ソウルスターリングもアドマイヤミヤビもミスパンテールも、
ダービーに全員集合!

 

と書こうと思っていた。
しかし、揃いも揃って予定が狂った。
せめてファンディーナにはダービー挑戦をぶち上げてほしい。
いや、
牡馬三冠宣言を目指してほしい。

 

だから走るならば1着してほしいんであります。

 

ただし、ディープインパクトでも勝つのに苦労したのが皐月賞であり、中山コースでもある。
牝馬は中山2000より東京2400のほうが牡馬に勝負を挑みやすい傾向もある。
ファンディーナは、皐月のハードルも突破できるか?
そしたら菊花賞まで見える!

 

うむ、やっぱり楽しみだ。

 

だけど、馬券は予定どおり
プラチナヴォイスとコマノインパルスで行きたい。

 

つまり、ファンディーナが勝ち負けするなら、
今年は非系2に期待するしかなくなる。

 

現在1人気 ファンディーナ 非系

 

2人気 カデナ  非系

 

 

非系が1,2人気の皐月賞。

 

こういう年はどうだったっけ? 

 

 

まあいい。

 

 

プラチナヴォイスは今回、右側だけ深めのブリンカーで臨む。

 

自分は、そういうのはいらないと思うけど、そのほうがまっすぐ走れるというならそれでいい。

 

 

先行馬が頑張れば頑張るほどプラチナヴォイスのよさが出るはず。

 

時計は2分切らないと思っていたら、どうやら1分58秒くらいになりそう。

 

クリンチャー・マイスタイル・アダムバローズ、アメリカズカップ、アルアイン、ダンビュライト

 

このあたりが先行して、頑張れる展開になって欲しい。

 

 

で、先行馬総崩れになったら、

 

コマノインパルスの死んだふり。
2枠3番。江田照ならば、内ラチをずっと追走しそう。

 

プラチナヴォイスからは手広く。
コマノからは8人気まで買う。

 

| - | 14:59 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://keibaoh.jugem.jp/trackback/10379
トラックバック