ちぇ                      
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
鉄板競馬 3連単転生編 (競馬王新書29)
鉄板競馬 3連単転生編 (競馬王新書29) (JUGEMレビュー »)
グラサン師匠
現在一番新しい教科書が本書です。億を目指す男たちの漫画や不肖柏手の競馬だいたい暦が綴じ込み付録でついてるよ。
RECOMMEND
鉄板競馬 競馬歴30年以上、馬券名人たちの鉄板録・ぶっ込み道 (競馬王新書17)
鉄板競馬 競馬歴30年以上、馬券名人たちの鉄板録・ぶっ込み道 (競馬王新書17) (JUGEMレビュー »)
グラサン師匠
教科書第1弾。競馬歴30年以上の方々に聞いたとっておきの必勝法と巻末にとっておきの根多が掲載されてる記念すべき本だよ。
RECOMMEND
ネタの一/京都・阪神の最終は秋山
正式には京都・阪神の最終は秋山のワイド。 グラサン師匠が18万馬券をとったネタ。
ネタの二/芝1200・角田の内マクリ・外マクリ
角田騎手は芝1200の内枠と外枠で穴をあける。それっぽい馬で穴をあける。 函館SSのアグネスラズベリは2番、北九州記念のキョウワロアリングは15番。柏手がキョウワで的中させたネタ。
ネタの三/シモゲンリはダート先行で
シモゲンリ騎手はダートで先行しそうな馬で穴をあける。 まだオシシイ思いはできてないネタ。
タイムカプセル
カテゴリーのタイトル「タイムカプセル」は 来年のボキにおくるメッセージ。
MOBILE
qrcode
<< みなさまのけいば | main | 皐月賞1 >>
皐月賞・参考程度ミステリー

かしわで

 

 

社台系視点の皐月賞。

もう今年はいいかな? と思いつつも、ミステリー要素は残っているので、今年も掲載。

 

過去のおさらい。

2:1のミステリー。

 

07年
1着 ノーザンF 個人馬主
2着 非
3着 ノーザンF 個人馬主

08年
1着 社台F 会員様(社台RH)
2着 社台F 会員様(社台RH)
3着 非

09年
1着 ノーザンF 会員様(サンデーR)
2着 ノーザンF 会員様(キャロット)
3着 非

10年
1着 社台F 個人馬主
2着 非
3着 社台F 個人馬主

11年
1着 白老F 会員様(サンデーR)ノーザン系
2着 白老F 個人馬主(育成はノーザン)ノーザン系
3着 非

12年
1着 非
2着 ノーザンF 会員様(サンデーR)
3着 ノーザンF系 会員様(サンデーR・生産は非のパカパカF。それをノーザンが育成)

13年
1着 社台F 吉田照氏名義(会員系)
2着 ノーザンF 会員様(キャロット)
3着 ノーザンF 会員様(サンデーR)

14年
1着 白老F 会員様(社台RH)
2着 ノーザン 会員様(キャロット)
3着 非
 

15年

1着 ノーザンF 会員様(サンデーR)

2着 ノーザンF 会員様(サンデーR)

3着 非

 

16年

1着 非

2着 ノーザンF 個人

3着 ノーザンF 個人

 

 

今年のラインナップ

 

ノーザンF 個人

スワーヴリチャード

アウトライアーズ

キンングズラッシュ

 

ノーザンF 会員

レイデオロ(キャロット)

ダンビュライト(サンデーR)

アルアイン(サンデーR)

 

社台F 個人
アメリカズカップ

サトノアレス

 

追分F 会員

ペルシアンナイト(G1レーシング)

 

 

ちなみに

共同通信杯 ノーザン個人 非 ノーザン会員

弥生賞   非 非 ノーザン会員

スプリング 非 ノーザン個人 非

若葉S   非 ノーザン個人 ノーザン個人

 

アーリントン 追分会員 ノーザン個人 非

毎日杯    ノーザン会員 ノーザン個人 非

きさらぎ賞  社台個人 ノーザン個人 ノーザン会員           

 

| - | 12:02 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
ありがとうございます。今これ考えてました。
同じパターンが無いんですよね。
| 034 とーる君 | 2017/04/16 12:29 PM |
こんにちは。

自分も昨晩から暦を見ながら考えていました。
唯一2対1のミステリーが崩れた年が2014年!、前の教科書が発売された年でもあるんですよね。

しかし、2015年からまたミステリーは始まっている!

悩むなぁ・・・。
| 千本桜 | 2017/04/16 1:57 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://keibaoh.jugem.jp/trackback/10377
トラックバック