ちぇ                      
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
鉄板競馬 3連単転生編 (競馬王新書29)
鉄板競馬 3連単転生編 (競馬王新書29) (JUGEMレビュー »)
グラサン師匠
現在一番新しい教科書が本書です。億を目指す男たちの漫画や不肖柏手の競馬だいたい暦が綴じ込み付録でついてるよ。
RECOMMEND
鉄板競馬 競馬歴30年以上、馬券名人たちの鉄板録・ぶっ込み道 (競馬王新書17)
鉄板競馬 競馬歴30年以上、馬券名人たちの鉄板録・ぶっ込み道 (競馬王新書17) (JUGEMレビュー »)
グラサン師匠
教科書第1弾。競馬歴30年以上の方々に聞いたとっておきの必勝法と巻末にとっておきの根多が掲載されてる記念すべき本だよ。
RECOMMEND
ネタの一/京都・阪神の最終は秋山
正式には京都・阪神の最終は秋山のワイド。 グラサン師匠が18万馬券をとったネタ。
ネタの二/芝1200・角田の内マクリ・外マクリ
角田騎手は芝1200の内枠と外枠で穴をあける。それっぽい馬で穴をあける。 函館SSのアグネスラズベリは2番、北九州記念のキョウワロアリングは15番。柏手がキョウワで的中させたネタ。
ネタの三/シモゲンリはダート先行で
シモゲンリ騎手はダートで先行しそうな馬で穴をあける。 まだオシシイ思いはできてないネタ。
タイムカプセル
カテゴリーのタイトル「タイムカプセル」は 来年のボキにおくるメッセージ。
MOBILE
qrcode
<< 高松宮記念の材料 | main | 高松宮記念イマジネーション >>
ファンディーナの0.8秒のけしからん度

かしわで

 

 

ファンディーナがけしからん強さでフラワーCを勝った。

 

2着に5馬身 0.8差 上がり1位(他2頭)

 

相手関係云々あるのはもちろん承知で書くけど、今回の0.8差はけしからん度満載だ。

 

それでも相手関係云々言われそうだから、けしからんを半分に見積もると、

0.4差になる。

 

0.4 これだってけしからん!

 

なぜならフラワーCを0.4差で勝つとG1の視界が1着で開けるのが過去からわかるからだ。

 

過去20年でフラワーCを0.4差つけて勝った馬は2頭。

 

シーザリオ1人気1着 先行して、上がり1位 0.4差 桜花賞2着 オークス1着

スマイルトゥモロー3人気1着 中団から3角先頭でそのまま押し切り 0.4差 桜花賞6着 オークス1着

 

2頭ともにオークス1着。

 

1人気で1着で3連勝を先行で決めたという点では、シーザリオ的なインパクトはあった。

 

岩田の勝利という意味ではトレンドハンター(0.2差)が思い出せるけど、トレンドは追い込み〜差しで勝った馬で、

少々雰囲気は違う。それでも桜花賞では3着した(以後引退)。

 

本当は上がりも単独で1位でいて欲しかったけれど、

他2頭が中団より後ろにいた2頭で、同じような位置にいた逃げたドロウアカードが36.1、3番手のディーパワンサが35.7だったことを考えると、2番手から34.9には価値があるし、ファンディーナは抜け出して余裕があったから同点1位も致し方なしかもしれない。

 

0.4差でも桜花賞で善戦し、、オークスで勝ち負けできる。

0.8差はやっぱりけしからん級だ。

 

これで桜花賞がまず面白くなった。

役者が揃って激突する様はやはり面白いし、そうじゃないとけしからん夢も描けない。

別に無理してけしからん夢を見ようとは思わないけれど、

けしからん夢にトライするには役者が揃ってないと意味はないし、夢を描こうとしてギブするのもまたオツなものだ。

 

ソウルスターリング

リスグラシュー

アドマイヤミヤビ

ミスエルテ

カラクレナイ

レーヌミノル

 

 

桜花賞が終わると、それぞれ別の道(オークス、NHKマイル)を歩みそう。

だから桜花賞までは、1頭たりとも脱落してほしくないな。

 

 

ファンディーナの調教師は、ショウナパンドラの高野師。

この調教師は、馬の状態を見て、万全じゃないと使わない師だ。

だから桜花賞も名言してない。

でも馬主はクラブのターファイト(ターフスポート)。

ここはぜがひでも桜花賞には出走させたいはず。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| - | 22:59 | comments(7) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
私はスマイルトゥモロー&ルージュバックと被るんです。
桜花賞まで弱い相手にしか勝ってないところが。

確かに今日も強かったんですが、レースレベルは「普通」でしたし(馬ナリを差し引いても)、やっぱりソウルスターリングが経験したペースで同じパフォーマンスが出来るかどうかは半信半疑です。
スマイルトゥモローのフラワーカップはハイレベルレースだったので、オークスの単勝で勝負したことを覚えております。
そのスマイルトゥモローも桜花賞では力を発揮出来ませんでしたからね。
もちろん、輸送や適正もあったかも知れませんが、桜花賞のペースに戸惑ったと解釈しました。
ファンディーナに関してっも、桜花賞ではソウルスターリングに勝てないのではないかと。

ただ、オークスは桜花賞で身に付けたペースで勝つ可能性は否定できません。

あくまでも素人のレースレベル判断ですが、今日のレースは見た目より冷静に扱うイマジです。
| マーブルローズ | 2017/03/21 12:03 AM |
かしわでさん
おはようございます。

個人的には、この馬は、
皐月賞→ダービーで見たいです。
オークスは良いと思いますが、マイルはイメージが合わないです。

| BOBBY | 2017/03/21 7:32 AM |
2度の関西遠征になるソウルスターリングに対抗して、敢えて関東遠征を挟んできたかのようで、面白くなってきましたね。

ソウルスターリングはさ、桜花賞の結果に拘わらずにオークスをパスして、そのままフランスで2戦くらいして凱旋門賞狙ってほしいけど、これもクラブ馬だから無理でしょうね。
| 卍屋 | 2017/03/21 8:50 AM |
1着 ファンディーナ(岩田康誠騎手)
「思った以上に走ってくれましたし、期待通りに成長してくれています。完歩の大きい馬で、無理に抑えることなく、スッと反応してくれました。距離は伸びても、短くなっても対応可能です。レースに行けば、言うことを聞いてくれる馬です。チャンスのある馬に乗せていただきましたし、この後も頑張ります」

(高野友和調教師)
「輸送、スタンド前発走、コーナー4つ、直線の坂など、全てが初めてでしたが、克服というよりもすべてを体験できて良かったです。輸送は思った以上にスムーズでした。今後については、色々案はありますが、馬の状態次第です。すべてをチェックして、馬の状態をオーナーに伝えてから決定します」

岩田の「短くなっても、長くなっても」というのが面白い。要は桜花賞でもオークスでもってことですからね。

その一方で、調教師のなんと慎重なことか。
つまり出て来るなら体調は万全ということだ。


レースレベルの捉え方はいろいろです。
自分はこのレースはレースレベルではなく、先行して、5馬身突き放したファンディーナの走る気レベルを評価してます。


いずれにせよ、ディープインパクトで強い馬が出て来てよかった。

フランケルVSディープインパクトはエンターテイメントそそれらますよ。

よ! フランケル屋!
よ! ディープインパクト屋!
ついでにハーツ屋!




| かしわで | 2017/03/21 11:31 AM |
牝馬も牡馬も、今年はハーツクライがキーワードですね。

あっ、皆さんも観られたと思いますが、
グラサン師匠が「光れパチスロリーグ」に出演されてましたね!
やっぱり師匠は面白い!
爆笑するパチスロ番組なんて最高です。
ネタバレするので詳しくは書けませんが、内容は観てのお楽しみです!
それに私が大好きなせんだるかちゃんと共演できてめちゃめちゃ羨ましいです。
せんだるかちゃんを観るためにMONDO TVを契約してますからね。

あっ、「リアル競馬王」のMCにせんだるかちゃんもいかがでしょうか。
リアルタイムの視聴者が増えると思いますし、金曜日の夜に男性だけの番組は寂しく映りますし。

| マーブルローズ | 2017/03/21 12:21 PM |

今年から始めた一口馬主

母父フジキセキと母父ピヴォタルに注目して探してました

トーセンバジルだったりミッキーロケットだったりナムラシングンだったりが出始めてメジャーになりきる前に!と思ってました

ロードリベラルはいろいろあってヤメて辿り着いたのは広尾のブライトメモリー

まぁ懐事情もありますんで私のような分際でディープ産駒は手は出せませんが……

それでも目の付け所はズレてなかったなぁ〜と思い馬券以外の部分で個人的にファンディーナ出現は非常に
嬉しく思っております

こんな楽しみ方も競馬の一面であり好きなところです

ロマン派なのでしょうかねぇ〜……

| 001 ブルボン4WD | 2017/03/21 1:07 PM |
輸送、スタンド前発走、コーナー4つ、直線の坂など、
全てが初めてでしたが、克服というよりもすべてを
体験できて良かったです。

レース後の高野師のコメントをレース名を隠して聞けば、
東京2400を意識しての発言としか思えないです。

クラブ馬主が桜をスキップさせてくれれば樫に直行したい。
馬の状態を最優先する調教師だからこそ間隔を開ける事が
できるフラワーCを選び、馬が一発回答で答えた。
仮想府中では肝心の左廻り以外は体験できた。
その左廻りも長い直線でカバーできるとみているのでは。

桜はローテからソウル7対ミヤビ3でいくつもりですが
樫はミヤビ6対ソウル4の予定を、直行できるならば
再考しないといけないですね。

この馬の武器である、壁を置かずに我慢できる事は
褒めすぎかもしれないけれどもサンデー系の理想型
じゃないかなぁと思ったりしています。
(壁については皐月のカデナでまた触れます。)

岩田のコメントは・・・久々にクラシック、有力馬で
出たいからカッコはつけるのでどっちでも待ってまっせ。

こんな感じに聞こえるけれど、ジェンティルドンナでの
経験と比較があるからこそ言えるのでしょうね。

そういうことでオークスが楽しみになってきました。
| クワトロホシーナ | 2017/03/22 1:18 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://keibaoh.jugem.jp/trackback/10305
トラックバック