ちぇ                      
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
鉄板競馬 3連単転生編 (競馬王新書29)
鉄板競馬 3連単転生編 (競馬王新書29) (JUGEMレビュー »)
グラサン師匠
現在一番新しい教科書が本書です。億を目指す男たちの漫画や不肖柏手の競馬だいたい暦が綴じ込み付録でついてるよ。
RECOMMEND
鉄板競馬 競馬歴30年以上、馬券名人たちの鉄板録・ぶっ込み道 (競馬王新書17)
鉄板競馬 競馬歴30年以上、馬券名人たちの鉄板録・ぶっ込み道 (競馬王新書17) (JUGEMレビュー »)
グラサン師匠
教科書第1弾。競馬歴30年以上の方々に聞いたとっておきの必勝法と巻末にとっておきの根多が掲載されてる記念すべき本だよ。
RECOMMEND
ネタの一/京都・阪神の最終は秋山
正式には京都・阪神の最終は秋山のワイド。 グラサン師匠が18万馬券をとったネタ。
ネタの二/芝1200・角田の内マクリ・外マクリ
角田騎手は芝1200の内枠と外枠で穴をあける。それっぽい馬で穴をあける。 函館SSのアグネスラズベリは2番、北九州記念のキョウワロアリングは15番。柏手がキョウワで的中させたネタ。
ネタの三/シモゲンリはダート先行で
シモゲンリ騎手はダートで先行しそうな馬で穴をあける。 まだオシシイ思いはできてないネタ。
タイムカプセル
カテゴリーのタイトル「タイムカプセル」は 来年のボキにおくるメッセージ。
MOBILE
qrcode
最優秀助演女優賞はダイワスカーレット
かしわで

ダイワスカーレットに特別賞が与えられなかったことで
ちょっとした意見が飛び交っているようですが
自分はダイワスカーレットに特別賞を与えることにはちょっと疑問を感じてます。

なぜならしっくりこないからです。
あの活躍に対する対価が
特別賞? 
言い得てないと思うからです。


最優秀助演女優賞=

つまり

最優秀助演牝馬賞


これしかないと自分は思ってます。
今年に限ってはスーパーバイプレイヤー。
天皇賞秋が年間最高レースに選ばれるのは
ダイワスカーレットの激走があったからだし、
宝塚記念と並び、
助演ホースたちがしのぎを削り合うイメージのある
有馬記念を圧勝したのも
最優秀助演賞にふさわしいと思うからです。

というわけで恒例の(恒例?)当ブログの
根多買い年度代表馬を発表する日です。

まずは
ダイワスカーレットに最優秀助演ホース賞を進呈したいと思います。



「最優秀多根馬」 ヘイローフジ 長岡京S

  180万という大金をくれて文句なし。
  過去ネタホースやった訳ですが、
  「ネタホースは3度追え」という、
  新たな根多までつくったネタホース。
  グラサン師匠

「最優秀直感ホース」 インティライミ 宝塚記念

  直感で55万くれて文句なし。
  馬券を日本海上で買い、日本海上で的中。
  あの瞬間だけは、松方弘樹を超えてたと思う。
  グラサン師匠

「年度代表テッパンホース」  該当なし

  鉄板レースは当たっても配当が低いから、
  これってのがなかったです。
  本来ここにぶっ込んで勝つべき。
  来年からのテーマです。
  グラサン師匠

「最優秀グラサンホース」  フローテーション 菊花賞
              ナムラクレセント 菊花賞

  この2頭がグラサンホースやったのに、
  なんでオウケンブルースリを買ってないんや、って話です。
  来年への戒めです。
  グラサン師匠

「最優秀ネタジョッキー」  最終の秋山

  2年連続年間最終レース制覇。
  来年のファイナルSも勝ったら、殿堂入りにしたい位です。

「最優秀ぶっ込みホース」  スーパーホーネット マイルCS単勝10万

  これ以外、思い浮かばん。
  香港帰りの次走、もしくは次次走、人気落ちれば逆にぶっ込んでみたい。
  グラサン師匠

「最優秀妄察ホース」 ヴィクトリアマイル直後から安田記念勝利までの
           ウオッカ

  今年一番自分を妄想と観察の世界へ連れてってくれ、
  かつ結果を残してくれたから。
  あの時期、レース直前までのあの期間、今思い出しても
  至福でございました。
  柏手重宝

「最優秀悔恨レース」 菊花賞 

  血統を無視してオウケンブルースリーから馬単を買って、
  血統と持論を無視してフローテーションが抜けた、
  今思い出しても悔恨のレース。
  柏手重宝




そして、当ブログの年度代表馬です。

  年度代表馬

スーパーホーネット


ちょっと前にも書きましたが
当ブログのアクセス最高日は有馬記念当日でしたが、
それは盛り上がりを考えれば当然で当たり前。

しかし第2位はマイルチャンピオンシップ当日。
これはただごとではありません。
馬券の売れ行きや世間的な評価を考えても
マイルチャンピオンが第2位のアクセスを記録するのは当ブログだけではないか。

一年を通しての「貢献」が理由でダイワスカーレットを評価しなかった方もいるようですが
一瞬のきらめきがそのすべてを凌駕することもあり。

マイルチャンピオンシップのスーパーホーネットは
負けはしましたが当ブログにとっては天皇賞の2頭のゴール前に
負けない光量を放つもの。

満場一致で(グラサン師匠と柏手二人だけですが)
根多界年度代表馬に選出します。



馬事根多文化賞 鉄板競馬/グラサン師匠

| 年度代表馬 | 00:01 | comments(12) | trackbacks(0) | pookmark |
根多買いアワード2009年度版
グラサン・かしわで


個人賞を発表します。


ゴールデン・ロング・イマジネーション・ホース

アントニオバローズ
 

春はシンザン記念からダービーまで。
秋は神戸新聞杯からジャパンカップダートまで。
もっとも長い期間、
さまざまな想像と心配を与えてくれた馬。

3歳1月に早くも「今すぐジャパンカップダートに勝てる!」(某騎手)から始まり、
不本意な形での皐月賞敗戦、
立て直して、
ダービー3着。
秋はノドの炎症で神戸新聞、菊花賞惨敗。
角田騎手のコメント「どこまで試練を与えるんや」は
まっとうなブログならコメント大賞もの。

で、ジャパンカップダートにその姿はなし。

もっとも長期間にわたり、我々二人をやきもきさせた馬がアントニオバローズであった。
柏手的には今だ「ベストマイラー」説は継続中。
つまり今だイマジネーションホース。



最優秀ライク・ア・デットーリ賞

フルキチ騎手=『秋の福島・芝1200のデットーリ』



根ットーリ的にこれ以上なし。文句なし。
『本人より先に発見』(グラサン師匠)。
他にも「〜〜のデットーリ」は生まれましたし、ありますが、
いろんなバランスがベスト。
「秋山=暮の中京のデットーリ」とかその他はマジが少し強くペーソスが少し弱いので、
(つまり凄く使えそうなので)春の単行本用に回します。




最優秀グラサンホース  

ワンダーアキュート
 
武蔵野S1着。5番人気のこの馬がグラサンホースだったから、井内さん転生でヒモにした、 ダイショウジェット(11人気)との馬連万馬券15370円が的中したともいえる。(グラサン師匠)



スーパー・ファンキー・サタデー・ホース

ブラボーデイジー 


モバイル・パニック7編集部のウエスギには「土曜日のかしわで」と
完全にレッテルを貼られてるけど、
そのレッテルにもっとも貢献してくれたのがこの馬。
◎福島牝馬と◎愛知杯の2回土曜日にフィーバー。



ベスト・ストレンジ・ウィーク

函館SSの週
タニノマティーニ2着の函館SSの週

書きたくないタニノマティーニから週が始まり、
最後までタニノマティーニから逃れられず、
最終的にはタニノマティーニのおかげで馬券もとれた
自分でもよくわからない奇妙な一週間。
実際ブログでもストレンジウィークと書いていたのでそのまま採用。




最優秀多根馬  

ヴォレハクユウ(キムケン)
トウショウブリッツ(浜中)
 
3/28阪神9レース
ヴォレハクユウは初めて『警戒』と表記した馬。それが見事に3着(複勝1260円)!
推奨トウショウブリッツは2着(複勝650円)。

「その2頭のワイドなどで総額約17万勝ってうっとりしてたら、 コメンテーターのへなぴが、3連単2036630円を的中させていた。馬名とかはさっぱり覚えてなかったけど、昨年、最も衝撃な馬券やった。」グラサン師匠


ここまで1/12 02:08 発表


最強タッグ

最終の「秋山とローズカットダイヤ」のコンビ

2009年もっとも追いかけたコンビ(グラサン師匠)。
ローズカットダイヤは去年7レース出走して、4レースが最終でその4レースすべてに秋山が騎乗して、
2着2着3着1着。
ローズは全7レースすべてで馬券になってたけど
その勝ち切れない感じが「最終の秋山はワイドで鉄板」と見事にシンクロ。

       


金の心配大将

武幸騎手
皐月賞のトライアンフマーチ

8番人気で2着した皐月賞。印(◎)をつけるまでの週中の流れと当日の人気とレースが始まってからの後方待機。
心配指数は頂点に立ちながらも、それでも期待できるかもしれないというワクワク感。
G1の武幸は8番人気9番人気がベースであることの発見。
すべてが調和したレースに◎を打てた喜び。


ここまで12:37分発表。




ベスト・フォトジェニック

的場文騎手IN園田競馬場


091015_1352~020001.jpg

出場騎手紹介での一枚。



まと表彰

2レースあって、最初の1レースに勝って王手をかけた状況での一枚。


アツイ想いは一旦天に昇り、そこからやさしく降ってくることを教えてくれた。

浪花節インタビューにまっすぐに真摯にWSJS初出場へのアツイ思いを話す的場文騎手に
ミスター・フォトジェニック賞を。

その想いは園田の空へ駆け上がり、
しだれ柳の花火のように園田競馬場全体にやさしく降りそそいだ気がしたし、

その声はあたかもジョッキールームで待機するライバルたちまでも?
やさしく染み込んだ気がした。

逃げて2勝。逃げは背中で乗れ。

いぶし銀の背中騎乗で見事WSJS初出場決定。それを間近で見られた幸せ。





ゴールデン・オン・ザ・ボーダーライン
(金のヒモ馬)

ジョーカプチーノ(NHKマイル)


予想そのものはまっとう。全体像を見渡して、そこから絞り込む感じは今読み直しても我ながらうっとり。つーか誰だよお前!
前日オッズ的に孤独な場所にいた馬が最終的には境界線上に出現。
終わってから「ヒモの境界線上」が時より「パワースポット」になることを教えてくれた馬。




ここまで14:55に発表。



特別賞

ピエナビーナス

どえらいカンバック賞

フルキチ騎手

クイーンS1着。
フルキチ騎手、久々の重賞勝ち。単複馬連総ながしで的中。
家で競馬中継を見てたら夫人に「グラ坊の水着を持って来てくれ」と電話でいわれ、
実は鴨川の中で携帯のテレビで観戦したという、
まさに鴨川のグラサン状態でのマイフレンドジョッキーの勝利に対して。(グラサン師匠)

負傷明けでどえらいカンバックをはたしたフルキチ騎手と
そのフルキチ騎手の期待に答えたピエナビーナスへ。







最優秀作品賞(パルムドール)

ジャパンカップ


主演女優賞
ウオッカ
助演男優賞オウケンブルースリ
助言男優賞グラジロウ(グラサン師匠次男坊)

ルメール乗り替わりで勝ったウオッカと
ハナ差で2着したオウケンブルースリという誰が見ても息を飲むゴール前、そのレースぶり!

だけでなく、

予定を一週早めて誕生したグラサン師匠第2子から生まれた

イマジネーション=オウケンブルースリ!!

大人たちの勝手な暗示をあざ笑うかのような
オチ付の結末(ハナ差2着)!!!

我々二人が最高に息を飲み、最高にスベれたレース!!

それでいて一応馬券も的中!儲かりはしないが救いもあったレース!

今年のパルムドール(最高賞)は満場一致でジャパンカップに。

「予定日のJCダートを避けて、JCターフに合わせて産まれたグラジ。 イマジンしてたオウケンは、グラジの暗示?と単勝勝負も鼻差の2着。 鼻がひっかかて鼻にアザが出来て産まれたグラジの、鼻差の暗示」グラサン師匠



ここまで15:48 発表




コメント大賞  超抜

奇しくも同じ週に2つの陣営から「超抜」コメントが。
矢作厩舎 ダイワバーバリアン 3着
白井厩舎 ケイアイテンジン  1着

今後定番化するのか追ってみたい表記。
有馬記念の週にネヴァブションへの記者の創作系「超抜」表記がありましたが
ああなっちゃうと使いにくいか?
競艇好き関係者のここぞという時のコメントで注目したい。



ラジー賞
(ゴールデン・・スベリ・レース)

エリザベス女王杯


もはや説明の必要なし。今年一番背骨が折れそうになったレース。(柏手)



以上。




| 年度代表馬 | 16:13 | comments(4) | trackbacks(0) | pookmark |
根多買いアワード2010年度
グラサン・かしわで 


それでは2010年度版のアワードの発表です。





最優秀13番 


エーシンフォワード 


マイルチャンピオンシップ1着(13番で13番人気)


的中不的中関係なし! ド忘れつーか、ド無心つーか、悪い意味で無になれたときにやってくるドデカイ一撃! (かし)

G1は毎週13番から総ながししてたのに、さすがにいらんと思ったこの時に…
次の週からも必ず総ながししたのに、この時だけ…(グラサン)



というわけで13番の提唱者松沢のおやっさんに電話してみました。

かし「最優秀13番にエーシンフォワードが選ばれました。おめでとうございます」

松「はぁ? おめでとう? 意味がよくわからないなぁ〜」

かし「松沢さんの荒れるときは13番をブログで追いかけてるんですよ、日夜。ぜんぜん追いつけないんですけど、去年一番追いつけなくて悔しかったのがマイルチャンピオンだったもんで、忘れないように表彰しようと、そんな引っ掛けです。言わばひっかけ問題です」

松「バカヤロ。何がひっかけだ。そういえばボクが京都のオケラ街道を歩いていたときに電話してきてたなぁ。あれか?
あの日はすってんてんで思い出したくない日だよ! 

っていうか枠番を見る前に印を打たなきゃいけないから、
ほとんどのレースは13番を見る前に決めなきゃならないんだよ。
だから13番は現場で感じたときに買うようにしてるんだけど、

ああ思い出して来たぞ〜あの日は福島で丸山元気が降着しててな(福島2歳・2着から14着に降着)、
その丸山の馬券をたらふく持ってたんだ! 

あれが当たってれば買えたよ! 13番! 

印とは別に買うから気持ちに余裕がないと買えないんだよ!

13番の心構え? 1つ言えるのは13番が来る日は13番が来やすいんだ。そういう流れを気にしてれば闇雲に買わなくてすむかもな。」

かし「温かいスピーチありがとうございます。ところでおやっさんは年度代表馬の投票をしたのですか?」

松「ボクはアパパネに一票を入れたよ。牝馬3冠に敬意をな。ブエナビスタがダメとかではないよ。」

かし「ちなみに去年一番のおやっさん的根多大賞は何ですか?」

松「根多? よく意味がわからないけど快心のという意味では去年の京都金杯のあとの最終だな」



最優秀Vラインホース


エリモサリュート(前走Vライン) 


1/5京都最終 14番人気1着 国分恭

松「前走前が詰まってVラインになってな。自信があったんだよ。馬単で37000円ついて、帯封だよ! 帯封! 」

かし「おお! たしかそのレースの2着は秋山です。最終の秋山です! ありがとうございます。」

おやっさんの13番については鉄板競馬VOL.1にて。






最優秀勝根多ジョッキー
 


フルキチ騎手


夏競馬あたりからの人気薄を引き連れての配達(キビダンゴ)は文句なし!
個人的には高松宮で前日負傷の武豊騎手から急遽乗り替り、15番人気で6着したスズカコーズウェイもアツかった!(かし)

特に午前便の配達多し(グラサン)

フルキチJには旨い話のお守り4点セットを進呈したいと思います。(かし)



フルキチJ馬券大賞


夏の北海道部門 へなぴ

もうすでに8月28日に受賞確定しておりました。
へなぴ本人からは当時「副賞はフルキチJとパチスロを打てる券だったりして」
とコメントがあったので、先日、フルちゃんに伝えておきました。
実現したら報告します。(グラサン)

ぜひ実現してほしいものです。(かし)





最優秀コメント大賞


とにかくすごいことになる 


小島太調教師

オールカマー週のミステリアスライトに対して。


とにかく秋競馬〜年明けの金杯まで追いかけ、
しまいにはニギと決め付ける「処理」を自分にさせた
ミステリアスライトと小島太師のコンビプレイに脱帽! ブラボー!(かし)

とんでもない事は、年越してしまいましたけど継続?(グラサン)



最優秀年度代表ネタホース


マヤノアンズ 


7/17  函館12R 根多推奨 11人気3着 複勝1100


8/28  札幌8R かしわで&グラサンW推奨 6人気3着 1着3人気、2着13人気!


鉄板競馬、大スポ上田さんの回に的中。
ブログでも推奨(グラ)


この夏、1200に6回推奨出走して、(0 0 3 3)3着3回!
ずいぶんマヤノアンズを推奨した記憶があるけど期待にたがわぬ複勝1200の桃太郎ぶり!
この夏一番暑かった馬&騎手!(かし)




最優秀一子相伝

神戸新聞杯  

ローズキングダム エイシンフラッシュ ビッグウイークの

3連単3頭ボックス


2570円と安かったけど、1番当たらんであろう馬券の種類を宣言して当てたのは興奮(グラサン)




ゴールデン・ブラボー!
 

中山記念


キャラスがキャ〜キャ〜と鳴いて、連理して、キャ〜〜!(かし)




2010引退メモリアルネタホース

ピエナビーナス

09年クイーンカップで我々を湧かし、
10年クイーンカップを最後に引退。

去年のアワードでは、
千八バカのブライトトゥモロー(09年1月引退)に授与してなかったので、
ブライトの分も受け取って欲しい(グラサン)

一昨年の特別賞ホース。フルキチ騎手のイン突きに震えたよ!(かし)




最優秀即興劇(エチュード)

11/21 東京最終レース

11/21の出来事 & 感想


前にも書きましたが自分はきせずして起こる猪木コールが好き。
だからこういうエチュードが決まるととても嬉しい。

しかもこの日はマイルチャンピオンの13番が炸裂した日で、
さらに御三家による即興劇も成功した日で、
ある意味で去年1番揺れた日とも言えます。

アクセスは有馬記念の日が圧倒的に多かったですけど、
そういうのと体感する揺れは別。

スーパーホーネットといい、13番といい、マイルチャンピオンは何かをくれる!(かし)

マイルCSの日が1番盛り上がるのって、うちだけやないでしょうか。
秋のG1シリーズで、地味なほうやのに。
マイルドチャポ〜ン!!(グラサン)


というわけで

マイルチャンピオンシップの13番(京都11R)と

その次レースの東京最終12Rのエチュードが重なった

11/21を



DAY OF 

THE YEAR


年間最優秀開催日



にします。






最高ド13番ホース


天皇賞秋 13番ヤマニンキングリー

13番で調教欄8点ホース。
3連単3頭ボックスの1頭にもしたんですが、
結構他馬に迷惑かけての惨敗。
一子相伝と13番の買い時の難しさ2010(グラサン)



最高・ド・ブラボー・気絶レース


アンコールS

3着のアーバンストリート(秋山J)他、1着、2着のみなさん。

最後のレースだったから余計に思うのかもしれないけど、
できるものなら気絶していたかったレース。
しばらくうつむせになって気絶していたかった。(かし)




最高・ド・妄察レース

ダービー

徐々に徐々に役者が揃っていく感じ、流れ、

高いレベルでイマジネーション&コントロールしていける状況。

そして最終的にけしからん夢に落ちていく自分。

結果、思いもよらぬ展開になったけど、それでも勝ち馬は社台F生産馬。

高揚感、スカされ感、そのバランスが最高にパンチドランクだった。(かし)




馬事根多文化賞
 鉄板競馬・3連単転生編/グラサン師匠



特別賞 御三家

秋華賞の即興スレッド、マイルチャンプ当日の即興劇、
こちらの一方的支持に反応してくれ、
かつ自然に肉付けしてくれた御三家(マーブルローズ・ラウンジャー・卍屋)に
特別賞を進呈したいと思います。

3人にはデットーリということばを贈りたいと思います。
(粗品に書いてない騎手名はいっぱいいますが、狙って書かなかった唯一の騎手名がデットーリです。)




忘れてることがあるかもしれません。
だから追加することもあるはず。

ですが以上。


個人的に表彰したいことがあるかたがいましたら、どうぞ書き込みください。






| 年度代表馬 | 23:28 | comments(6) | trackbacks(0) | pookmark |
2011年度 年度代表馬

グラサン・かしわで


今年はあの日の出来事が強烈すぎて、ぜんぶ吹き飛んでしまった。
そんな2011年度だった気がしてます。


まずは個人賞の発表です。


最優秀国分チェンジ馬(グラサン師匠)

最優秀妄察着地ホース(かしわで)

ゴットマスタング 国分恭

同じフジキセキ産駒である、
鞍上兄の国分優ジュヴェビアンと、同じ1枠に入り、
2頭は母父サドラーズウェルズまで同じ。
で、国分チェンジ!

5番人気で2着に入り、
1着は13番人気で馬連はなんと10万馬券!

鉄板競馬でブロスを取材した直後のため、
そら枠連しか獲れませんわ…

11年、最も興奮した同枠と言ってよし。
9/19阪神6Rの出来事(レース前)&レース後。(グラサン)


自分のゴットマスタングはこの阪神6Rからその一ヵ月後の菊花賞まで。
菊花賞での妄察
恭が最高に上手くのって、5着。
スーパー最高に上手く乗って、4着。
超スーパー最高に上手く乗って、3着。
結果はだいたい上手く載って6着。
13番人気で単140.9倍。自分は単100倍以上の馬券はめったに買わない。
でも菊花賞では買いたくなった。
そんな妄察&その着地に。


最高逆流性運否天賦 ド・ブラボー(かしわで)

菊花賞のハーバーコマンド&キムケン

菊花賞4着(14人気)のハーバー&キムケンに対して。
ゴットマスタングの単は140.9倍だったけど、
ハーバーコマンドの単は166.5倍だった。
三冠馬が誕生したメモリアルなレースだというのに自分の直線は
完全にキムケン!!!! キムケーーーーン!!!
で、4着でド・ブラボー!


最優秀WIN5馬(グラサン)

ニホンピロアワーズ 酒井学

鉄板競馬、赤木一騎さんのWIN5編で、
WIN5ではなく、WIN4で的中した、
ニホンピロ酒井なら勝率100%の馬。

その回はもちろん、
酒井はアンコールSで勝ち、
金杯でもアスカトップで3着。
どっちもニホンピロではないけど、なんとなく、
この回の価値を上げてくれたように思った、俺は。


年度代表フルキチ馬

函館2歳S アイムユアーズ

ピエナビーナス以降、フルカワさんは、
夏の重賞を賑わせてくれる。
ちなみにこの日、夏の家族旅行中だったけど、
この2着で旅費から何から、全部出た。(グラサン)

1200の桃太郎っぷりが大人しかった2011年だけど、フルキチ騎手が最高にフルキッチーリだった瞬間がこのレースのこの馬。(かしわで)


ゴールデン根多レース
コメディ・ミュージカル部門 

産経大阪杯(3系大阪杯)

17年連続で1か3の倍数馬が勝利したことに対して


ゴールデン根多レース
シリアス&鳥部門 

オークス

雨の後藤 善さんの交通整理で、チュチュンガチューン! スズメがいた!
よいよいよいよい、おっとっとっと!
根多の二重奏で1着2着!


ゴールデン根多ジョッキー
コメディー&ミュージカル部門

ベリー

1月2月のシブイ活躍と11月のニギでシブイ活躍と丁寧なコメントに対して。


ゴールデン根多ジョッキー
シリアス&決まり手部門

松岡の送り出し

夏の自由研究で取り上げた「松岡の送り出し」とその後の根多の伸びに対して。




最優秀コメント大賞

『馬が巨大化している』

「馬が巨大化している。前はいかに体重が減らないかを意識していたんだけど。落ち着いてるし、カイバも良く食べている」(笑顔) 

京王杯週のアプリコットフィズに対しての小島良助手のコメント
去年が父・小島太師の「とにかくすごいことになる」、
今年は息子の小島良助手。
ことばのチョイスが最高だ。


ベスト・フォトジェニック 

ベリーさんのどや顔(週刊競馬ブック・成績表より)

東京7レース(2/20)
7-1

東京8レース(2/20)
8

アップ!

7-2

2レースともに平場のレース。
なのにキャメラ視線。
そこが素敵だ。



最優秀ニギニギレース

スプリンターズS

最優秀ニギニギホース

ビービーガルダン

最高・ド・13番ホース

ビービーガルダン

DAY OF THE YEAR

10月2日(スプリンターズS)



そして、


バロンドール



10月2日

スプリンターズS

佐藤哲騎手

13番

ビービーガルダン

その出来事


あの瞬間、日本中の競馬ファンが「あ!」と叫んだはず。
でも、
このブログを読んでいてくれた方の「あ!」は
ほんのちょっとだけ一味違う「あ!」だったはず。
手前味噌だけど、ほんの少しだけコクのある「あ!」だったはず。

週中のサトテツ・チューンナップ&13番へのイマジネーション、
本当に13番にキタックしたこと、
そして、
ゲートイン→スタートのつかの間!
放馬。
呆然。
でも、返還あり。

満場一致(二人だけだけど)でバロンドールに決定しました。



個人的に表彰したい馬、レース、出来事がありましたら、どうぞ書き込みください。

| 年度代表馬 | 01:52 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
2012年度 根多買いアワード

グラサン・かしわで

 

 


最優秀助演男優賞は


オルフェーヴル

 

牝馬三冠だけでなく、ジャパンカップまで勝ったジェンティルドンナの年度代表馬に特に異議はございません。

ただし、競馬とは興行であることを忘れてはいけないと思います。

興行とはたくさんの人を集めて成り立つ商売のことです。


ジェンティルドンナとオルフェーヴルがそれぞれ違うレースに出る。

どちらのレースを観たいか?

ただしどちらか1つしか観てはいけない。

 

ジェンティルドンナにはたいへん申し訳ありませんが

自分はオルフェーヴルのレースを選ぶと思います。

 

理由はスタートからゴールまで何が起こるかわからない(気にさせてくれるから)。

めちゃくちゃ強いかもしれないし、

大脱走するかもしれない。

そういうドキドキでニギニギに満ちたひとときを過ごさせてくれそうだから。


それを去年のオルフェーヴルは1年を通して見せてくれた。

無敵の快進撃の3歳時がA級ならば、

脱走して、盛り返して、フランスで日本の競馬ファン全員を一瞬にして、てっぺんまで連れていき、

でもてっぺんと思った場所はてっぺんではなく、これまた一瞬にして奈落へと落としてくれて、最後はジャパンカップでジェンティルドンナにギリで花を持たせた、そんな4歳時も、

まぎれなもなくA級でしょう。


というわけで、満場一致で決定しました。

1年を通して、浪漫飛行させてくれた(いろんな意味で)オルフェーヴルに

最優秀助演男優賞を進呈したいと思います。

 

最優秀・助演・助演男優賞

っていうか、

上方演芸大賞・ベスト相方部門は、


アヴェンティーノwithクラストゥス


もはや説明の余地はないでしょう。

まさに助演助演なアシストぶりだった気がします。

競馬のプロが見たら、上手くアシストできたのはフォア賞だけだったかもしれません。

でも、我々にはそういうことではなく

オルフェーヴルとアヴェンティーノという上方の漫才コンビが西欧に行って、

ひと根多、いや二根多して来た。

それがたいへんエキサイティングでなおかつニギニギしい内容だった。


というわけで満場一致でアヴェンティーノに相方賞を進呈いたします。


ちなみにこのコンビを人気漫才コンビに例えようと考えてました。

グラサン師匠は往年の「やす・きよ」でいいんじゃないか? そう言ってました。

もちろんやすし師匠がオルフェです。

そこに異論はありません。

ただアヴェンティーノがきよし師匠ということに少し違和感を感じてます。

アヴェンティーノはもっともっと控えめでしょう。

 

最優秀フルキチホース

ヒットザターゲット

勝った新潟大賞典はもちろん文句なしですけど、福島競馬場再開初日に乗り込み、その日のメイン、福島民放杯を勝つという男気にもやられました。(グ)


開幕・内枠・ラチ差し!フルキチ騎手の秘術がスパーク!

この日はNHKマイルで秋山騎手が勝ち、クラレントが3着し、個人的にもスーパーな一日だった(か)


DAY OF THE YEAR


一滴部門 9月22日

タイムアラウド・武英智 10番人気3着 複勝780円

まだ今年0勝だった武英騎手を渾身のひとしずくとして推奨できた日。

 

妄察部門 10月20日

富士Sのクラレント

岩田騎手騎乗の妄察(イマジネーション&コントロール)は自分の中では会心でした。(か)

 

大DAY OF THE YEAR 5月6日

新潟大賞典でフルキチJが1着し、NHKマイルで秋山騎手は1着し

どっちもヒモ荒れして、馬券も大きく化けてくれた日。

そういえばこの日もクラレントがけしからん度を高めてくれた。



最優秀鉄板競馬取材ホース

テーオーダンシング

競馬王3月号で、ゲストは日刊スポーツ記者、鈴木良一氏。
185センチ110キロの巨漢、ラオウ鈴木さんを取材した翌日、
日刊スポーツのラオウ鈴木さんのコラムがデカく見え、
その推奨馬が11番人気のテーオーダンシングであった。
直感で、フルキチのダヴィンチバローズ(7人気)との3連単2頭軸マルチ、
馬連、複勝的中で払い戻しは総額31万円。
ラオウ鈴木さんの推奨は、払い戻しもデカかった!(グラ)


最優秀伝統の3連単3頭ボックス

CBC賞
1着のマジンプロスパーが調教欄8点ホース(2人気)
2着のスプリングサンダーがグラサンホース(7人気)
3着のダッシャーゴーゴーが調教欄8点ホース(1人気)

この3頭ボックスを予想して、3連単27、660円的中。
パチスロの豪炎高校でごっつい負けてた時期なんで、
本気で助かった。(グラ)

 


根多の継続大賞

産経大阪杯の1・と3の倍数 18年連続達成!

ステイヤーズステークスのバリアフリー


ベスト直感レース

日経賞のゾロ目

本当はキーンランドSなのかもしれないけれど、インパクトでは日経賞のゾロ目に勝てるレースはなかった。

3月22日におやっさんに教えられ、3月24日の13時すぎに直感的にゾロ目を選び、付け足し、15時30分くらいに、モノの見事にはまってぶっ飛んだ!

週中に触れて、まさかの週末点灯! たまんないね!


ベスト・ドランク

チェリーメドゥーサ&小牧騎手

10月14日秋華賞〜チェリーメドゥーサ&小牧騎手の果敢な凶器攻撃に対して。
5着だから真のパンチドランク着順の4着には劣る。でもこの5着はドアツかった!
そんじょそこらの4着以上にブアツかった!


まだ追加があるかもしれません。

でも取りあえず、ここでバロンドールの発表に行きます。


今年の根多買いアワードのバロンドールは

オルフェーヴル&アヴェンティーノ&ジャーマネ・クラストゥス

に決定します。


選評理由は「見たことのない競馬を見せてくれた」からです。
凱旋門賞でのプレイはエキサイティングでスペクタクルで、フレッシュなシーンの連続でした。

日本人にはなかなか馴染みのないコンビネーションプレイ。しかも「けしからん夢達成間際まで連れていってくれた。
ドラマでよくある「夢か……」、そんな夢落ちをドキュメントでライブで見せてくれた。

世間はどうか知りませんが、我々にとっては、今一番来日を待っている騎手にクラストゥスはなった!

というわけで、アヴェンティーノだけでなく、クラストゥスまで含めて、

トリオでの選定です。 
| 年度代表馬 | 14:49 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
根多買いアワード2013年度
かしわで

根多買いアワード 2013です。

 
最優秀コメント大将
柴田善騎手「なんだ、この馬、すげえな」
その後、ルメールでジャパンカップ・ダート1着!
最優秀ダートホースへと一気に上り詰めた。
善さんの本能型コメントにブラボー!

根多の継続大賞
産経大阪杯の1と3の倍数人気 19年連続達成
 
DAY OF THE YEAR
イマイ氏の推奨がウソだろうが!と言いたくなるほどはまった一日。
コパノリッキー 未勝利 8人気1着 単35倍
コパノリチャード 白梅賞 1人気1着
ついでに
コパ夫人のテツナゴオ1人気1着
推奨2頭とついでの1頭が全部1着
コパさんの13年は凄まじかった!その快進撃の始まりの鐘が鳴ったのがこの日だったかもしれない。
 
フルキチ300勝・お祝い部門3月17日
13番の馬で、14番人気の馬で、単79.4倍!で300勝。

ローテ部門7月14日
新潟2歳Sが1週前倒しで開催されて2年。1年目は1・2・3着すべての前走が7月14日だった。今年も7月14日ローテに注目して、その2頭(2頭しかいなかった)で1着3着した。これで2年で5頭が馬券圏内。ちなみに今年は7月12、13日に注目。

BIG DAY OF THE YEAR
10月6日 京都大賞典
このときは、まだこの日の重要性・翻弄性に気づいていなかった。
天皇賞秋4着・アルゼンチン共和国杯2着(1着馬も間接的にリンク)・マイルチャンピオンシップ1着・ステイヤーズS1着…本来ならばリンクしないレースでリンクした。おかわりにつぐおかわり。
もちろん空振りもあった。
ある意味でドラマチックなレースでもあった(ゴールドシップ、ヴィルシーナのその後も含めて)。

タケヒデ部門 フーラブライド
ダート1700Mから一変、
芝2400Mへ挑戦した500万条件で1着。
こんなん買えへんやん?と
タケヒデくんに聞いたところ、
血統的に芝の長距離を、前から使いたかったと。
なるほど、母父マックイーン。
亀谷さんが仕留めていたのも流石だった。
その後の愛知杯の単勝40倍は旨かった。

でっしゃろ部門 リアルインパクト
富士Sは、同じディープ産のダノンシャークの2着で穴(9人気)
でっしゃろであり、落ちてる金であった。
阪神カップは8人気で1着。
こういう、強いのに人気を落としがちなディープ産がもっといれば、
でっしゃろ馬券は楽やね。

年度代表馬は該当馬なし

 
| 年度代表馬 | 12:58 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
| 1/1PAGES |