ちぇ                      
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
鉄板競馬 3連単転生編 (競馬王新書29)
鉄板競馬 3連単転生編 (競馬王新書29) (JUGEMレビュー »)
グラサン師匠
現在一番新しい教科書が本書です。億を目指す男たちの漫画や不肖柏手の競馬だいたい暦が綴じ込み付録でついてるよ。
RECOMMEND
鉄板競馬 競馬歴30年以上、馬券名人たちの鉄板録・ぶっ込み道 (競馬王新書17)
鉄板競馬 競馬歴30年以上、馬券名人たちの鉄板録・ぶっ込み道 (競馬王新書17) (JUGEMレビュー »)
グラサン師匠
教科書第1弾。競馬歴30年以上の方々に聞いたとっておきの必勝法と巻末にとっておきの根多が掲載されてる記念すべき本だよ。
RECOMMEND
ネタの一/京都・阪神の最終は秋山
正式には京都・阪神の最終は秋山のワイド。 グラサン師匠が18万馬券をとったネタ。
ネタの二/芝1200・角田の内マクリ・外マクリ
角田騎手は芝1200の内枠と外枠で穴をあける。それっぽい馬で穴をあける。 函館SSのアグネスラズベリは2番、北九州記念のキョウワロアリングは15番。柏手がキョウワで的中させたネタ。
ネタの三/シモゲンリはダート先行で
シモゲンリ騎手はダートで先行しそうな馬で穴をあける。 まだオシシイ思いはできてないネタ。
タイムカプセル
カテゴリーのタイトル「タイムカプセル」は 来年のボキにおくるメッセージ。
MOBILE
qrcode
今週のけいば

かしわで

 

 

 

今週、個人的に一番興味深かったレースはドバイターフでした。

 

理由はあちらでも少しだけ書きましたが、オブライエン厩舎が招待レースにも関わらず3頭も出走させてるからです。

 

日本の馬がドバイや香港で勝ち負けできて、凱旋門賞でなかなか勝てない理由の1つに(あくまでも理由の1つ)、

凱旋門賞が招待レースではないことにあると思っています。

 

(お金を払って)立候補すれば、ペースメーカー含めて、だいたい出走できるのが凱旋門賞で、

出たくても主催者の許可が降りないと出走できないのが招待レース。

 

極端に言えば、チーム戦術を使いにくいのが招待レースでもあるわけです。

 

だから、招待レースのドバイターフに3頭を出走させるオブライエン厩舎がどんな位置を取って、どんな競馬をするのか、

そして最大のライバルであろうリアルスティールに対してどんな戦法を取るのかに注目していたのでした。

 

昔、3頭いればどんな強い馬がいても、太刀打ちできる的なことをスミヨンが語っていたのを覚えています。

(凱旋門賞のディープインパクトのとき)

 

今回のオブライエン厩舎の大将はムーアで、リアルスティールの力も十分知っている男が敵に回るとどんなプレイを見せるのか、

自分の目の肥やしになるのでは? と思って楽しみにしていたのでした。

 

そして、その包囲網をルメールはどうかいくぐるのか? とても興味深かったわけです。

しかしながら、リアルスティールは鼻出血で回避。とても残念です。

 

それはヴィブロスにとっても痛いでしょう。

リアルスティールが外国馬の包囲網を一身に引き受けてくれたはずで、実はとてもレースがしやすかったのではないか?

とも思っていたからです。

 

リアルスティールがいないのは残念ですが、オブライエン厩舎の3頭のレース運びには注目してます。

 

 

 

ドバイワールドカップがダートに戻って、日本の馬が太刀打ちできなくなって、

流し気味に見ていたけれど、今年はアロゲートが出るというので、とても気になってます。

 

3歳でブリーダーズカップクラシック、4歳初頭でペガサスワールドカップを勝ったアロゲートは、それだけでただものじゃない。

そのただものじゃない馬に日本の馬が挑める。

いったいどのくらいの力差があるのか(ない場合ももちろんあるけど)、それを見られるのはめったにないことで、これまた実に興味深いんであります。

 

しかも、日本の馬がある程度人気を吸い取りそうで、もしアロゲート以外のアメリカ馬が人気薄なら、馬券も面白そう。

 

アメリカンな包装紙で、馬券を包めるか? そこに注目してます。

 

今回、過去のブリーダーズカップの2着馬、3着馬を調べるのに一番役に立ったのは、

秋山響さんの「海外競馬勝つめたのプレミアムデータ&テクニック」でした。ネットで検索しても、過去3年より先は勝ち馬しか出てなかったりして、とても大変でした。

過去10年の1着〜3着馬のチェックは重要だと改めて思いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

| - | 21:41 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
高松宮記念イマジネーション

かしわで

 

 

 

高松宮記念のイマジネーションです。

 

参加資格・シーズン4の登録が完了した方です。

(詳細はこちらをお読みください。)

 

イマジン番号を忘れた方はこちらをお読みください。

 

 

 

でお願いします。

 

 

必須は日曜の最終レースについてです。

1 日曜の最終は買いますか?

2 日曜の最終の予想はいつしますか?

 

 

締切は、約24時間後、水曜日の23時とします。

 

それではどうぞー!

 

 

追伸

 

オッズテクニカルという本に参加してます(4月25日発売)。

儲かってる人がどうオッズと付き合っているのかを暴く内容のようです。

(どうやら儲かってる人は、みんなオッズを凝視してることが判明したようです。まだ詳細はわかりませんが、相当面白いことが一部のページを読んでわかりました。そして自分の「予想→投資』変換の甘さを痛感しております)

いま、その大詰めで、自分はオッズバズーカ的なことをそこでやってます(1年分!)。

どうぞ、よろしく。

 

 

| 2017 春 イマジン | 23:06 | comments(38) | trackbacks(0) | pookmark |
ファンディーナの0.8秒のけしからん度

かしわで

 

 

ファンディーナがけしからん強さでフラワーCを勝った。

 

2着に5馬身 0.8差 上がり1位(他2頭)

 

相手関係云々あるのはもちろん承知で書くけど、今回の0.8差はけしからん度満載だ。

 

それでも相手関係云々言われそうだから、けしからんを半分に見積もると、

0.4差になる。

 

0.4 これだってけしからん!

 

なぜならフラワーCを0.4差で勝つとG1の視界が1着で開けるのが過去からわかるからだ。

 

過去20年でフラワーCを0.4差つけて勝った馬は2頭。

 

シーザリオ1人気1着 先行して、上がり1位 0.4差 桜花賞2着 オークス1着

スマイルトゥモロー3人気1着 中団から3角先頭でそのまま押し切り 0.4差 桜花賞6着 オークス1着

 

2頭ともにオークス1着。

 

1人気で1着で3連勝を先行で決めたという点では、シーザリオ的なインパクトはあった。

 

岩田の勝利という意味ではトレンドハンター(0.2差)が思い出せるけど、トレンドは追い込み〜差しで勝った馬で、

少々雰囲気は違う。それでも桜花賞では3着した(以後引退)。

 

本当は上がりも単独で1位でいて欲しかったけれど、

他2頭が中団より後ろにいた2頭で、同じような位置にいた逃げたドロウアカードが36.1、3番手のディーパワンサが35.7だったことを考えると、2番手から34.9には価値があるし、ファンディーナは抜け出して余裕があったから同点1位も致し方なしかもしれない。

 

0.4差でも桜花賞で善戦し、、オークスで勝ち負けできる。

0.8差はやっぱりけしからん級だ。

 

これで桜花賞がまず面白くなった。

役者が揃って激突する様はやはり面白いし、そうじゃないとけしからん夢も描けない。

別に無理してけしからん夢を見ようとは思わないけれど、

けしからん夢にトライするには役者が揃ってないと意味はないし、夢を描こうとしてギブするのもまたオツなものだ。

 

ソウルスターリング

リスグラシュー

アドマイヤミヤビ

ミスエルテ

カラクレナイ

レーヌミノル

 

 

桜花賞が終わると、それぞれ別の道(オークス、NHKマイル)を歩みそう。

だから桜花賞までは、1頭たりとも脱落してほしくないな。

 

 

ファンディーナの調教師は、ショウナパンドラの高野師。

この調教師は、馬の状態を見て、万全じゃないと使わない師だ。

だから桜花賞も名言してない。

でも馬主はクラブのターファイト(ターフスポート)。

ここはぜがひでも桜花賞には出走させたいはず。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| - | 22:59 | comments(7) | trackbacks(0) | pookmark |
高松宮記念の材料

かしわで

 

 

高松宮の材料

 

トーキングドラム 藤岡康

メラグラーナ   戸崎

レッドファルクス Mデムーロ

レッツゴードンキ 岩田

シュウジ     川田

スノードラゴン  大野

フィエロ     内田博

ナックビーナス  石川

セイウンコウセイ 幸

レッドアリオン  菱田

ソルヴェイグ   田辺

ラインスピリット 森一

バクシンテイオー シュタルケ

ワンスインナムーン 石橋

クリスマス    藤岡佑

トウショウピスト 吉田豊

ティーハーフ

ヒルノデイバロー 四位

ーーーー

ナガラオリオン

ブラヴィッシモ

オメガヴェンデッタ

 

 

 

| - | 22:07 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
きょうの最終

かしわで

 

きょうはずっと大人しくしてました。

 

正解でした。

フラワーCがただの観戦におわったからです。

 

それでも小走りで中京の最終と中山の最終を見てます。

 

中京は丸田の複勝。

中山は田辺から7人気まで馬連。

 

田辺は今日0勝。最後に帳尻を合わせるか注視。

| - | 16:04 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
フラワーC/グラサン

「グラサンレース」

 

フラワーC

グラサンホース   1番ディーパワンサ

          8番ドロウアカード

         12番ファンディーナ

 

ファンディーナでしょーがないさ。

 

ディープのワンツー3連単

12−10から1 5 8番への3点でなんとかならへんか。

 

お願いします。

| - | 10:53 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
みなさまのけいば

かしわで

 

 

 

どうぞー!

 

 

| - | 20:09 | comments(16) | trackbacks(0) | pookmark |
フラワーC

かしわで

 

 

ファンディーナがどんな勝ちっぷりを見せるか。

それに尽きる。

ここで楽勝するようなら桜花賞が高い次元でニギニギしくなる。

岩田にはなんとか頑張って操縦してほしい。

 

ファンディーナに注目しながら馬券的に注目したいのは

モリトシラユリとサクレエクスプレス。

 

モリトシラユリはフェアリーSで注目した馬。

前走のクイーンCは出遅れて8着だったけど出遅れなくても好走できてたかは疑問。

出遅れたのに上がりも使えてなかったからだ。

中山のほうがいい可能性大で、巻き返しに期待したい。

 

江田照から福永へ行って、また江田照に戻って、吉田豊になって、また江田照に戻ってきた。

 

サクレエクスプレスはモリトシラユリと同じクロフネ×サンデー。

弥生賞を勝ったトリップの全妹で、中山の1周競馬がダメとも思わない。

加藤征厩舎の馬で、ルメールが騎乗しないのはいやだけど、ルメールは事情があってサンデーRの馬に騎乗してると思いたい。

モリトシラユリには2走前の未勝利で対決して勝っている。

 

3連複

3 9

12

1 3 4 5 2 8 10

 

モリトシラユリから馬連5・1・10・4へ

 

 

 

 

 

 

 

| - | 20:09 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
きょうの最終

かしわで

 

 

ガビーン!

 

スプリングSはプラチナヴォイスに期待してちゃんと3着してくれたけど、

サトノアレスとトリコールブルーが4着5着で、

3連複が抜けた!!

 

 

というわけで、大慌てで最終。

 

 

グラサン師匠から14ウォーシップマーチがオススメと来た!

この馬はムラウマで展開次第。

 

5メイショウタラチネが気分よく逃げるか、逃げないか?

 

というわけで、5と14から3・12・13の人気馬へ馬連とワイド

 

3・12・13の馬連ボックス

 

川田メインの騎乗はなんだったのか!?

そこがよくわからない。だから川田に注目。

 

 

5分で決めるところが、7分もかかってしまった!

 

 

| - | 16:01 | comments(3) | trackbacks(0) | pookmark |
きょうのスプリング

かしわで

 

 

今年の堀厩舎は、新馬を1着したら2戦目に重賞にぶつける傾向にある。

しかし、すべて跳ね返されている。

新馬を勝って、2戦目重賞は相当なハードルで跳ね返されるのがふつうで、

そんなことは堀厩舎だってわかっているはず。

それでもトライするのは、そこを超えていく馬は強いことも知っているからか?

実際、サトノクラウンは超えた(2戦目東スポ杯1着)。

 

(2戦目重賞の選択を間違えないのは松田博厩舎や角居厩舎だった。むやみに出さない。けど出すときは勝負になっていた。朝日杯のクリアザトラック・角居はだめだったけど)

 

以下は2戦目に重賞に出た馬。

コリエドール 札幌2歳4人気12着 福永

サーベラージュ 京成杯2人気14着 柴山

サトノマックス 弥生賞6人気5着 シュタルケ

ハナレイムーン クイーンC4人気5着 石橋

 

2戦目オープンのダート

フォギーナイト ヒヤシンスS(OP)3人気4着 ムーア

 

3戦目

バリングラ 3戦目京成杯9人気6着 石橋

 

ただよ〜く見ると、

外国人騎手では掲示板には載っていたりもする。

 

ストロングレヴィルの鞍上はシュタルケ。

少しは脈ありか? もしくは馬主へのアピールか?

 

馬優先主義で無理にクラシックには間に合わせない系の厩舎だけど、

今年は賞金的にクラシックに足りてる馬は1頭もいない。

 

今年はハーツクライが頑張っているし、人気がないならちょっとひかっけてみたくなる。

 

人気は現在9人気。

枠は4枠4番。

これなら少し買ってみたくなる。

 

頭数は少ないけど、外枠に人気馬がかたまっている。

4番は内でじっとしやすそう。シュタルケはマウントロブソンみたいな騎乗を狙いそうだし、それがシュタルケだろう。

 

 

プラチナヴォイスはあちらで書いたとおり。

前走は直線で早めに内ラチを奪ったのに、それでも内に突っ込もうとしていたらしい。

2走前は寄られる不利があった。

ここ2戦まともに走ってない。

 

 

3連複

7 4

9 11

9 11 8 10 6 5

 

 

 

 

 

 

 

 

| - | 13:33 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
| 1/979PAGES | >>